【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その5-

相変わらずのスローペースなのですが、2017年2月19日に幕張メッセで開催された
「ワンダーフェスティバル2017冬」のレポートの続きになります。
開催されてから既に1ケ月も過ぎ、夏のワンフェスの参加申込みも締め切られたような状況ですが、
まだまだ撮影させていただいた写真がありますので、順次、紹介していきたいと思います。

モデルパッショナさん(卓5-19-08) GSプロジェクトさん(卓5-04-02)
金平糖工房さん(卓5-28-06) 秋月剛さん(卓5-09-11)
ジロー模型さん(卓5-24-05) 吉本アートファクトリーさん(卓5-23-04)
バジルの造形魂+Y氏さん(卓5-24-01) レジンの食卓さん(卓5-03-03)
つねぱんさん(卓5-04-12) ロボソウルさん(卓5-19-20)
marumaruさん(卓5-5-10) T.U.Mさん(卓6-22-06)

※ディーラー名や作品名に誤りがありましたら、
 コメントやツイッターでご指摘いただけると助かります。
 掲載順は順不同です。


モデルパッショナさん(卓5-19-08)

「レム胸像」 (Re:ゼロから始める異世界生活)
今までのレポートでも、数多くのレムのキットを紹介してきましたが、
モデルパッショナさんからも胸像という形ですが、レムのキットが販売されていました。
こちらのキットは全高20cmと思ったより大きなサイズで迫力がありました。

肩やチョーカー?胸の部分のフリルなどは細かくしっかり造形されています。
また、リボンなど細かいバーツや衣装の皺もしっかりと造られている事が分かります。

せっかくなので、後ろ姿も撮影させていただきました。

横顔も造形が破綻する事無く、とても可愛いですね。
耳もしっかり造られています。

私が卓を訪ねた時には、もちろん完売されていました。
今後も再販が期待されますね。

こちらのレム胸像、新しい?試みとして、
3体だけ完成品販売(彩色は遊姫さん)されたのですが、
開場後、すぐに売り切れたという事でした。
価格が4万円という事でしたので、どうかな~?と思っていたのですが、
(いつも製作代行を紹介している自分からすると破格の値段と思うのですが・・・)
やっぱり完成品が欲しいというニーズは存在しているのだなと改めて感じました。
実際、過去にも完成品として販売され、多少高くても即完売したキットもありましたので、
数を用意するのは難しいと思いますが、一つの手段としては、有効なのかもしれませんね。

「忍押忍」 (黒物語)
こちらは再販キットの忍ちゃんです。
ワンピースの動きある皺などとても自然に造られていますね。
肩を出しているこのポーズはとても可愛いですね。
塗装も柔らかい感じのグラデーションで綺麗ですね。

「ラムダデルタVer2」 (うみねこのなく頃に)
こちらは2年のワンフェスで販売されたキットの再販ですね。
こちらのキットも色々なところにあるリボンや衣装や太もものフリルまで細かく造られています。
モデルパッショナさんのブログに原型制作記がありますね。

遊姫さん製作作例(ラブライブ!高坂穂乃果 原型:PRIMAL HEART)
モデルパッショナさんの新事業?という事で、
前回のワンフェスからガレージキットの製作代行を受けられているようなのですが、
製作を担当される遊姫さんの作例をちょっとご紹介させていただこうと思います。

ちょうど?PRIMAL HEARTさん原型の高坂穂乃果ちゃんをお持ちだったという事で、
撮影させていただきました。如何でしょうか?
とても可愛く製作されていると思います。

背景白バージョン。

衣装の塗り分けもとても綺麗です。
スカートの裾のフリルなどシャドウ部がしっかりとグラデーションで塗装されており、
立体感があります。あと、台座も可愛くアレンジされていました。

髪の毛も単調な塗装では無く、しっかりとグラデーション塗装されています。
頭の髪飾りの花の部分も綺麗ですね。

モデルパッショナさんともお話させていただいたのですが、
今、遊姫さんはメキメキと塗装の腕が上達していっているそうで、
今後もさらに良いものを製作してお届けする事ができますよ~とおっしゃられていたのですが、
今回、この高坂穂乃果を拝見させていただいて、確かにその通りかと思いました。

私の手元には、縁あって、モデルパッショナさんと遊姫さんが塗装された
「東北ずん子 胸像」(原型:モデルパッショナさん)があるのですが、
その時のずん子と比べて、グラデーション塗装の粒子の細かさ等が
さらに良くなっていると感じました。
もし、遊姫さんへの製作代行の依頼をしたい!!と思われた方は、
モデルパッショナさんにDMやメール等でご連絡されてみては如何でしょうか?
(勿論、まずは見積り依頼となるかと思いますが)


GSプロジェクトさん(卓5-04-02)

「芽兎めう」 (ひなビタ♪)
ガールズバンド「日向美ビタースイーツ♪」のドラム担当「芽兎 めう」のキット。
ハンコ屋さんの娘という事で手にはハンコを持っています。
公式のイラストからの立体化でしょうか?
スカートのフリフリや広がる髪の毛、左手のブレスレットなどもしっかり造られていますね。
口の中には八重歯もあって、表情も可愛いですね。

「野々原ヒメ -777☆SISTERS-」 (Tokyo 7th シスターズ)
江戸っ子キャラ?という事で、今にも「てやんでいっ!」と聞こえてきそうな表情で
立体化されていますね。
特徴的な777☆Sドレスの衣装もしっかり造り込まれています。
水玉など衣装の模様もしっかり塗装で再現されていました。

「マックス・シュルツ」 (艦隊これくしょん-艦これ-)
この会場でも何体も見かけたZ3マックスの水着姿のキット。
手に持っている単装砲やクーラーボックス、艤装など機械部分の直線が綺麗ですね。
太ももや下腹部まわりの形が素晴らしく美しいですね。

「島風改(休息ver)」 (艦隊これくしょん-艦これ-)
ちっちゃくて可愛い島風。
休息Verという事でのんびりしているところでしょうか?
ほっぺのバンソウコウや連装砲ちゃんのバンソウコウがある事から小破しているのですかね?


連装砲ちゃん・・・弾薬かじってます。補給中?
細かいところまで可愛いですね。

「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードアンダーブレード(12歳ver.)」 (傷物語)
こちらは今回の新作という事でTEIJIさんが原型制作を進められていましたが、
今回は量産が難しいという事で、原型展示のみとなっていました。
眉毛や瞼、睫毛などが立体的に造られています。
髪の毛の先や左足などこれからブラッシュアップされていくと思いますので、
次回以降のイベントでの販売が楽しみですね。

「ジゼル・アラン」 (ジゼル・アラン)
コミックス1巻の表紙のイラストをモチーフにされたキットでしょうか?
裏表紙に描かれている猫も立体化されていますね。
ブーツやスカートなど細かい所までしっかりと再現されています。
特にブーツの足首のところの皺の形がブーツの質感を感じ取れてイイですね。

「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードアンダーブレード(10歳ver.)」 (傷物語)
前回のワンフェスで販売されたキットに手を加えて、改修新作として販売されていました。
今回は顔パーツ(睫毛など)が変更されているようで凸モールドになっています。

「ジョゼ」 (ブレイブウィッチーズ)
今回の新作、ネグリジェ姿?のセクシーなジョゼが販売&展示されていました。
小さいリボンやフリルまでしっかり造られています。
特にネグリジェ部分のパーツはとても薄く造られていますね。


腕の形や肘まわりの形がイイですね。

「乃木 若葉」 (乃木若葉は勇者である)
こちらは1年前のワンフェスで販売された乃木若葉。
今回、数は少ないものの再販という事で販売されていました。
制服姿がしっかりと再現されていて、
スカートのプリーツも綺麗な立体になっていますね。
流石、塗装も綺麗ですね。

今回、GSプロジェクトさんの卓では、展示方法がかなり工夫されていて、
とても撮影しやすかったです。
展示されている様子を撮影していないので卓の状態を説明できる写真が無いのですが、
展示台の上に照明を設置されていて、かなり明るい環境となっていました。

私の見学していった卓の中では、グリパンさんに次いで2番目に撮影しやすい環境でした。


金平糖工房さん(卓5-28-06)

「飯田 小鳥」 (甘々と稲妻)
大阪ねんど会でいつも新作の原型を撮影させていただいているkenjiさんの作品。
今回は新作のみという事で、甘々と稲妻から「飯田小鳥」のキットが販売されていました。
今回も原型から撮影させていただいた、こちらのキットですが、
ワンフェス会場にて、完成品を撮影する事が出来ました。

肝心のワンフェス当日は卓の方へ撮影して周れなかった為、
前日搬入時に撮影させていただいた写真になります。

ミニタオルやクリアファイル等のグッズにも利用されている
アニメのイラストからの立体化でしょうか?
食べようとしているサンドウィッチ、具が豪華で美味しそうですね。
卵やハム等も細かく造られています。

こちらのキットですが3月26日に大阪難波で開催される
ガレージキットイベント「GWC act.15」でも再販予定となっております。
ワンフェスに遠征できなかった関西の皆さんにも身近で購入するチャンスとなっていますので、
是非、甘々と稲妻ファンの方はイベントに遊びに行って、
購入を検討されてみては如何でしょうか?


秋月剛さん(卓5-09-11)
私がお邪魔していた「続・玄米低温貯蔵庫」さんのお隣の卓でした。
当日、私が撮影を開始した時点ではまだ会場に到着されていなかったようでしたが、
昼過ぎには、キットの展示の準備が完了されていましたので、
作品のほうを撮影させていただきました。

「イオ」 (グランブルーファンタジー)
サマーバージョンの水着姿のイオのキット。
イラストの通り、手には大きなひまわりを持っていて、髪の毛も大きくうねっています。
サンダルが脱げかけているところも再現されていてイイですね。

「ちっさイオ」 (グランブルーファンタジー)
SDサイズにデフォルメされたイオ。
こちらもイオもサマーバージョンですね。
プレートが置いてあって全身を撮影する事は出来なかったのですが、
とても可愛く展示されていました。

「ちっさクムユ」 (グランブルーファンタジー)
こちらも小さくデフォルメされたクムユ。
角にちょこんと展示されていて、ダブルピースのポーズも可愛いです。

「クムユ」 (グランブルーファンタジー)
こちらは現在、制作中の作品のようです。
ゲームのイラストの通り、大量の弾が一つ一つ造形されています。
バッと広がったローブや迫力のある胸などもイラストの通り、再現されています。
キットとして完成するのが楽しみですね。


ジロー模型さん(卓5-24-05)
色々なメカやキャラクターのキットがところ狭しと展示されていたのですが、
特に気になった「甘いぞ!男吾」のキットを撮影しましたので、
紹介させていただきたいと思います。

「お姫 高校生Ver」 (甘いぞ!男吾)
原作では高校生の姿は無かったように記憶しているのですが、
下敷き用のイラストとして描かれたイラストを元に立体化されたキットとの事です。
1枚のイラストからここまでの立体物が出来上がるとは驚きですね。

「お姫 柔道着ver」 (甘いぞ!男吾[だんじて!男児])
「あまいぞ!男吾」最終回と続編読み切り「だんじて!男児」に
登場する大人となった姫子ちゃんを柔道着姿で立体化された作品。
推定年齢34才という事で、高校生Verのお姫より身長なども大きく大人になっていました。

「操 水着ver」 (甘いぞ!男吾)
中学生編のヒロイン「円谷 操」の水着姿のフィギュア。
パーカーを羽織って、手にはビーチボールを持つ姿はカッコイイですね。

「ヒロインコレクション 操&お姫」 (甘いぞ!男吾)
小学生編、中学生編のヒロインのフィギュアのセット。
小学生時代のお姫と大文字学園中等部の制服姿の円谷操です。
moo念平先生のイラストの雰囲気がしっかりと再現されているフィギュアで
この時にお金を使いきっていた事が悔やまれます・・・。

甘いぞ!男吾の各フィギュアの後ろには、moo念平先生のサインが置いてありました!
甘いぞ!男吾はとても好きだった作品で、今でも実家には単行本が保管してあるのですが、
次回以降、機会があったら、お姫ちゃんのキットを買いたいなぁと思います。
こういった昔、好きだった作品のキャラクターのキットを見かけると、
テンションが上がりまくりますね。


吉本アートファクトリーさん(卓5-23-04)

「木幡 茜」 (ふらいんぐうぃっち)
作品の主人公「木幡真琴」のお姉さんの「木幡茜」のキット。
アニメ4話のアオザイ衣装を立体化されたという事で、
アオザイの軽やかな生地の雰囲気がしっかりと表現されていますね。
へその部分も形として造られていますので、塗装の仕方によっては、
ちょっと透けている表現も出来そうですね。
猫のケニーもしっかり立体化されています。

「ドリアン」 (グラップラー刃牙)
漫画の一コマ「ニマァ~~~」の表情でしょうか?
顔の皺とか眉毛、髭など特徴的な画風がしっかりと再現されています。
あまりにテンションが上がって、ガッツリと撮影させていただきました。

「愚地 独歩」 (グラップラー刃牙)
こちらも同じくバギから。
独歩もドリアンに負けずしっかりと再現されていますね。
顔だけですが、凄い迫力でした。


バジルの造形魂+Y氏さん(卓5-24-01)
猫鯖さんや大阪ねんど会でご一緒させていただいているYAMAさんの卓。
まるっこく可愛くデフォルメキャラが得意とお伺いしているのですが、
みかんかっぱちゃんに代表される可愛い系だけでなく、
アレンジを効かせたウルトラマンや海斗などカッコイイキャラクターも
キッチリ立体化されています。
萌えダイナミックシリーズなどもそうなのですが、
YAMAさんのキットは、可動フィギュアが多く、
ガシガシ動かして遊べるのも魅力的ですね。

「でっかいライムかっぱちゃん」(オリジナル)
新作のでかいライムかっぱちゃん。
こちら、ワンフェス限定の特別商品のようです。
今後もデザフェスなどでも展示&販売予定のようです。

「でっかいみかんかっぱちゃん」(オリジナル)
こちらも60cmとビッグサイズのみかんかっぱちゃん。
価格はWF特別価格で20万円!?
FRP素材で造られており、このサイズで考えると破格な価格だそうです。
一応、受注生産という事ですので、
この場で購入しても持ち帰る必要は無く、後日、
配送してもらえると思いますので、安心ですねw

「萌真ゲッター」(萌えダイナミックヒーローシリーズ)
漫画家の翔丸先生の描かれたデザインをYAMAさんがガレージキットで立体化。
今までにも萌ゲッターロボや萌マジンガーZなど
萌えダイナミックヒーローを立体化されていましたが、今回の新作は真ゲッター。
萌えの要素もありますが、こうしてじっくり見るとカッコイイですね。

カラーレジンキットですので、そのまま組み立てただけでも、
それなりに色の塗り分けを再現できるようです。

「萌グレンダイザー」(萌えダイナミックヒーローシリーズ)
同じく萌えダイナミックヒーローシリーズから萌グレンダイザーです。
この独特の立ち姿がイイですね。

「海斗」(シージェッター海斗)
宮城県石巻市のローカルヒーロー「シージェッター海斗」のアクションフィギュア。
こういってはなんですが、本来商品化されづらいキャラクターも、
こうして可動するフィギュアが手に入れる事が出来るのは、、
ファンには堪らないのではないかと思います。

「シン・ゴジラ」(シン・ゴジラ)
可愛くデフォルメされたシン・ゴジラ。
口が大きく造られていて、可愛いのですが、
歯のモールドなど細かく造り込まれています。

「ピンクのブタ」(アクセル・ワールド)
ハルユキのアバター姿であるブタのフィギュア。
久々の再販という事で特価で販売されていました。
頬の丸み等、イラストの特徴がしっかりと立体化されています。

「初音ミク5周年ぷちでびるバージョン」(ボーカロイド)
こちらも久々の再販という事で、ツイッターで拝見させていただいていた初音ミクです。
ちっちゃくデフォルメされたミクの周りには、
これまた可愛い風船や鳥が配置されていて、とても可愛い作品ですね。

「ウルトラマン」(ウルトラマン)
YAMAさんの手によってアレンジされたウルトラマンのキット。
こちらのキットの原型は腰パーツ以外は、YAMAさんが新しく導入された
3Dプリンタ「Qholia(クホリア)」で出力されたもののようです。
普段からデジタル造形でお仕事をされているという事だけあって、
ご自身の事務所で出力されているようですが、
形のあるモノを早い段階で見る事が出来るのは良いですね。

この展示されている完成見本のウルトラマンですが、
全身が渋めのシルバーで塗装されていて、カッコイイですね。

「みかんかっぱ、かぼすかっぱ」(オリジナル)
朝、開場前にお伺いした時は、沢山並んでいたみかんかっぱちゃんも、
お昼過ぎにお邪魔した時には完売されていました。
展示用に置いてあったみかんかっぱちゃんは、とても可愛い帽子をかぶっていました!


レジンの食卓さん(卓5-03-03)
艦隊これくしょんより、白露型駆逐艦の2人の水着グラフィックを立体化した作品。
手に持っている小物や艤装、時雨のパレオなどしっかりと造られていますね。
白露の軽い雰囲気というかチャラい雰囲気が伝わってきます。

「白露 水着バージョン」(艦隊これくしょん-艦これ-)

「時雨 水着バージョン」(艦隊これくしょん-艦これ-)


つねぱんさん(卓5-04-12)
ワンフェスのディーラーカットによれば、
オリジナルのミニチュアフィギュアを造られているディーラーさんのようです。
スケールは分からないのですが、1/48ぐらいでしょうか?
シタデルカラーでよく塗装されているボードゲームのコマのような感じでした。
とても小さいのですが、装備や衣装の細かいところまで造形されていました。

「女戦士」 (オリジナル)

「エルフの魔術師」 (オリジナル)


ロボソウルさん(卓5-19-20)

「キヤル」(天元突破グレンラガン パラレルワークス2「キヤルのマジカルタイム、3分前」)
アニメ「天元突破グレンラガン」シリーズのミュージッククリップ集より、
魔法少女姿のキヤルのキット。
衣装や杖など細かいところまで造り込まれていて、
キヤル自身も可愛く造られていました。
星の形をしたクッション?の皺や質感もイイですね。


marumaruさん(卓5-5-10)

「リベッチオ ハロウィンVer」 (艦隊これくしょん-艦これ-)
リベッチオのハロウィン限定イラストを立体化したキット。
手に持ってるカゴの中のお菓子やキャミソールのちょっと浮いているところなど
しっかりと立体化されていました。

髪の毛の流れも細かく再現されています。
とにかくカボチャパンツ姿のリベ。可愛いですね。

「ニパ子」(アルティメットニッパー)
比較的、版権の許諾を受けやすく、商業、アマチュア問わず、
色々なキット化されているニパ子ですが、
marumaruさんのニパ子は元気溢れるポーズで展示されていました。
左足の差し替えで飛び跳ねている瞬間のポーズも再現出来るのでしょうか?
(ツイッター確認すると、コンパチキットのようです。)
展示も華やかでニパ子の可愛さが表現されていました。


T.U.Mさん(卓6-22-06)

「洲崎綾&西明日香(制服)」 (洲崎西 THE ANIMATION)
ラジオ番組「洲崎西」がアニメ化された作品から、
洲崎綾、西明日香が立体化されたキット。
ポーズが可愛らしくていいですね。

「比叡 改訂版」 (艦隊これくしょん-艦これ-)
会場で自分が見てまわった限りでは、唯一見つけた比叡のキット。
カレーを持っている姿が可愛いですね。
艤装もしっかりと付いていました。

タイトルプレートを撮影していなかったので、
何の作品のどういったキャラのキットか分かりませんでした。。。

以上になります。
一応、ここまでで公開出来た写真は半分くらいは終わったかなと思います。
このペースだと、確実にGWCまでには終わりそうに無い為、
まだワンフェスのレポートしてるの?と言われそうですが、
夏のワンフェスまでには完了させたいなぁと思います・・・。

それでは、今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA