第56回 静岡ホビーショー 2017 モデラーズクラブ合同作品展 フォトレポート

世界最大級の模型イベントと言えば、静岡ホビーショーですが、
その会場内で開催される日本最大級の模型展示会「モデラーズクラブ合同作品展」。

今年はNextGateさんやハピネス工房さん、コジマ塾さんなど、
いつもお世話になっている方が展示に参加されるという事で、
会場の様子を見学してこようと、カメラを持って、遠路はるばる、
日帰り旅行に行ってまいりました。

イベントの開催自体は、2017年5月13日, 14日で、
既に半年前の話になってしまうのですが、
その時の写真が私のハードディスクの中で眠ったままになっていますので、
ブログにてアップしておきたいと思います。

正直、長時間の車移動と見学者の多さで、あまり撮影出来ていないので、
紹介出来る作品は少ないと思いますが、
会場の雰囲気を感じてもらえて、来年は行ってみよう!という方が増えたら嬉しく思います。

それでは、まずは目的の卓、Club NextGateさんから紹介していきたいと思います。

Club NextGate
京都の模型製作スペース「craft space NextGate」のお客さんによる模型サークル。
NextGateで開催された戦車模型教室の作品やガレージキット、
ガンプラ、FAガールと幅広いジャンルの作品が展示されていました。

ハピネス工房
昨年、京都ボークス本社で開催されたシリウス展示会以来、
色々な展示会場で作品を拝見させていただいている、
滋賀の模型製作スペース「ハピネス工房」さんのお客さんの作品が展示されていました。
GBWC2016日本大会、ファイナリストの一刀さんの作品も展示されていたのが印象的でした。
ハピネス工房さんでも戦車模型教室が開催されており、その作品も展示されていました。

コジマ塾
関西では多くのモデラーが参加する模型展示会、
「関西キャラクターモデラーズフェスティバル」を主催されているコジマ塾さんの卓。
昨年も色々な作品を展示されていたのを写真で紹介させていただきましたが、
今年も対決をテーマに対峙するモビルスーツが展示されていました。
冬のワンフェスでも注目されていた
苺milktea&ディッチカメレオンさんのプリンツ&ビスマルクも展示されていて、
卓の周りが見学される方が一杯でギュウギュウだったのを覚えています。


ここからは会場をウロウロして、気になった作品を撮影していった写真になります。
カメラの中の撮影順もバラバラになっていますので、
もしかしたら卓の名前を間違えているかもしれませんが、許してくださいw

DORO☆OFF
数々の電飾を仕込まれた作品が所狭しと展示されていました。
ホビージャパン作例を担当されている、どろぼうひげさんの作品も展示されていました。
アンドロメダ、カッコ良かったです。

野間四郎模型同好会

YDCC(Yak de culture club)
ちょうど会場を歩いていて、ふと、呼び止められたような気がして左側を見ると、
どこかで見かけた作品が!?
腹ペコ山男さんがツイッターで製作中の画像をツイートされていた
「リン・ミンメイ 愛おぼえていますか」がドーンと展示されていましたので、
色々撮影させていただきました。

テングモデラーズ
名だたる有名モデラーさんが集まって年1回展示会を開催されている
模型サークル「テングモデラーズ」さんの卓。
その展示会で展示された作品等、貴重なものが展示されていて、
皆さんの注目を集めていました。

ガレキの会 あほちゃいまっか

模型サークル B.M.C

YYMC
内藤あんもさん率いる代々木アニメーション学園の卒業生で
結成された模型サークル。
模型誌作例を担当された作品などがズラッと展示されていました。

REVoLVER

わさんぼん

S.G.R

関西仮組

Model WorksWPMC & Re.GEK
ツイッター等でも話題だったマクロスのジオラマ。
昨年のモデフェスで拝見できていなかったので、
生で見る事ができて感激でした。
マクロスを浮上させていただきました!

Plainswalker
フレームアームズとフレームアームズ:ガールを一緒に展示するという
展示方法が見ていて楽しかったです。

FRAME OUT MODELING
ちょっとご縁のあったグラハム仮面さんが製作されたキットが
展示されているという事で、実物を見る為に卓へ行ったのですが、
並んでいる作品はどれも素晴らしくて圧巻でした。

WPMC-R
1/700スケールとは思えないくらいリアルな艦船模型を製作される
R工廠さんの作品が展示されているという事で見学に行きました。
ちょうどR工廠さんが在籍中でしたので、ご挨拶させていただいて、
新作の龍驤を撮影させていただきました。

同じ卓に展示されていた宇宙船ヤマト2199の作品も
電飾が仕込まれていて、とてもカッコ良かったです。

H.M.C

O・MORO-HEAD+K

Waterliners Navy

MCプロジェクト

大阪ねんど会でcrestさんが原型を造られて、
夏のワンフェスで販売されたオリジナルキャラクターの
ガレージキット「ELLE」の完成品が展示されていて、
ついつい嬉しくて、撮影しまくりました。
製作者のタニグチさんのお話では、
化物語のキスショットをイメージしたカラーリングという事でした。
カッコイイです。

ルフトバッフェ

モデラーズ・クラブ ZERO ONE
いつもフルスクラッチの1/200スケールの艦船模型を拝見させていただいている
友井さんの卓。
今回は、隼鷹、霧島が展示されていました。

フライングタイガース

H.I.P

GT14

以上になります。
全国の模型倶楽部が参加されるとあって、展示されている作品は非常にレベルが高く、
もはや変態の域に到達しているものもあり、
モデラーでなくとも、一度は会場に足を運んで色々見学していただきたいと思います。
私も全て卓を見て回る事が出来ませんでしたので、
まだまだ凄い作品があったのだと思いますが、
来年は宿泊をして、もう少しゆっくり、そしてじっくりと見学していきたいと思います。

お礼がかなり遅くなってしまいましたが、
当日、作品を撮影させてくださった皆様、ありがとうございました。
またホビーショー以外の展示会でもお会いした時は、
何卒、よろしくお願いします。

あと、1つだけ、ツイッターで流れてきて知ったのですが、
今回、このモデラーズクラブ合同作品展で、
作品が盗難されるという事が起きたようです。
1/20か1/35かスケールは分かりませんがヒストリカルフィギュアでしょうか?
小さめの作品だったと思うのですが、
今後もこういった事が起こると、撮影させていただくのも難しくなっていくのではないかと
心配しております。
(夏のワンフェスでも完成見本が盗難されるという事がありました)
展示する側も気を付けて配置する必要が出てきたのかな?と感じる部分もありますので、
今後はそういったノウハウも共有していく事が大切かもしれませんね…

それでは、かなり写真枚数の多い記事となってしまいましたが、
今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA