第1回 にぬき祭 -1日目- フォトレポート

2017年12月2日~3日の2日間、
京都 北大路ビブレ アトリエスペース 魯山人にて開催された
模型展示会「第1回 にぬき祭」を2日だけですが見学してきましたので、
会場に展示されていた数々の作品を写真で紹介したいと思います。

にぬき祭とは・・・
京都で開催されている模型製作会「にぬき」に参加されているメンバーを中心に
初心者への展示会の楽しみの体験、模型趣味の人同士の交流を深める場を
目的として開催された展示会です。
もちろん、自分のお気に入りであれば
どんなジャンルの模型でも参加可能という事で
比較的参加しやすい展示会だと思います。

それでは、早速、撮影させていただいた作品を紹介していきたいと思います。

フィギュアライズバスト 初音ミク 他(Keitaさん)
髪の毛がパール塗装で綺麗に輝くミクでした。
ネクタイは透明レジン(ラメ入り)に置換されていて、これがまた似合っていますね。
髪飾りやヘッドセットのピンクのところにもグラデーション塗装されていたりと
細かいところまで丁寧に作られている事がわかりますね。


瞳の塗装も綺麗です。
髪の毛と色も合っていてイイですね。

フミナ先輩の胸像も一緒に展示されていました。

アイラ・ユルキアイネン 胸像 他(nishiさん)
ツイッターで拝見していて、実物を見学できるのを楽しみにしていたのですが、
とても素晴らしい仕上がりでめちゃくちゃ可愛かったです。
こちらの胸像はC3 Tokyoで販売されたキットで原型は田中冬志さん。
(フィギュアライズバストのフミナ先輩やミクの原型を担当された方ですね)
これは・・・いずれ、プラモ化してほしいですね。
台座の大理石風塗装もアイラに合っていて、イイですね。

FAガール 轟雷 改最終戦仕様(nishiさん),
フレズヴェルク=アーテル インバート(Keitaさん)

この会場でも注目を集めていた月刊ホビージャパン10月号掲載作品の2体が
揃って展示されていました。
こうして、並んでいる姿を拝見出来る機会はそうないのではないでしょうか?
轟雷のゴールドはトップコート無しの吹きっ放しだそうです。
keitaさん、初FAガールがこのフレズヴェルクだそうなのですが、
いきなりホビージャパン作例って流石ですね。

ナイチンゲール (すえぞうさん)
今回、オラザクに参加されていた作品。
すえぞうさんにとって、初のオラザク参加だったそうなのですが、
ホビージャパンを見ていた時に一次審査通過作品の一番最初に載っていたので驚きました。
アーマーの裏側などのパッとみて見えない所が丁寧に造り込まれていて、
色々な所を見れば見るほど、新たな発見がある、
いつまでも見ていられる素晴らしい作品でした。
勿論、沢山撮影させていただきました!!

ダブルオーザンライザーセブンスソード 他 (xennoさん)
立っている姿が迫力があってカッコ良かったです。
ガンダム本体にディティールが追加されているそうで、
パネルラインやデカールの位置が最高のバランスで
機体が引き締まって見えますね。

EXAM SYSTEM 他 (アニエスさん)
ジオラマ&電飾の作品が展示されていました。
アニメのワンシーンのような情景が再現されていて、カッコ良かったです。
ブルーディスティニー1号機とイフリート改はモノアイが赤く点灯して、
EXAMシステムの暴走が再現されていて、特に印象的でした。

フルアーマー百式改 他 (Takuyaさん)
Takuyaさんの卓には、
過去の月刊モデルグラフィックス掲載作品が数点展示されていました。
特にフルアーマー百式改はボリュームがあり、迫力のある作品でした。
また、渋めのゴールドの輝きがカッコ良かったです。

ユニコーンガンダム 他 (サトヲコウイチさん)

レジェンドデスティニーガンダム 他 (ムルチさん)
今年のGBWCに参加された作品。
ちょうど1ケ月前に開催されたモデフェスで拝見させていただいたのが初めてでしたが、
色々ディティールが追加されていてカッコイイですね。
左手が光っているのも絵になってカッコイイです。

関節が固定された迅雷。
躍動感が凄かったので、撮影する時にどの角度で撮ったらいいのか、
色々試させていただきました。

脇もいい感じです。

イフリート改 ヘッド 他 (雅さん)

バーゼラルド・ランシア (フタツキさん)

SUZUKI KATANA 他 (yu32xさん)

LOAD TO BIG CAT (ななこ達さん)

ララァ・スン専用モビルアーマー 他 (MAPLEさん)
ネイル用ホイルシールを使用された作品で、
初めて旧キットに挑戦されたそうです。
綺麗に作られていますね。

ザクヘッド 他 (黒猫モモタロさん)
切り絵を背景に使ったジオラマ作品。
遠近感のある風景が表現されています。
ザクのモノアイカバーが割れていたり、梯子がかけられているのがイイですね。
ザクヘッドに描かれた死神のペイントも独特の雰囲気があって、カッコイイですね。

狩人 他 (棚家K介さん)
いつも1/700スケールの艦船模型を製作されている棚家さんですが、
今回はフィギュアが新作として展示されていました。
腕の籠手?の模様、細かく塗装されていますね。

三笠 他 (軍平セブンさん)

オーロラを編む宝石 他 (くが*さん)

残党ギラドーガ 他 (PAYANさん)

マーシィ・ドッグ改 他 (DAITENさん)

ブルーナイト 他 (ぼと吉ガレージさん)

VICTORY TWO 他 (ヨシさん)

最後の戦い (ヨシさんの息子さん)
ちょうど先日開催されたGBWC2017日本大会の
ジュニアコース、決勝進出作品が早くも展示されていました!
サザビー、νガンダムの塗装もさることながら、
爆発の表現やアクシズの岩盤の再現が素晴らしいですね。

ドローンウィーゴ 他 (GASさん)

HG ジェガン 他 (バナさん)

FAガール バーゼラルド 他 (すみません。製作者様がわかりませんでした。)

ガンダム 他 (ばらさん)
高石模型祭りの時にも作品を撮影させていただいたのを
覚えていたので、ご挨拶させていただいたのを
きっかけに作品の説明を色々教えていただきました。
こちらのガンダムは、お台場にあった1/1ガンダムを参考に
細かい所に手を加えて、製作された作品だそうです。
最初に拝見した時から、関節部分の塗装などが気になっていたのですが、
他にもプラチップを埋め込んだり、プラ棒を使った凹みモールド表現など、
色々と気付いていなかった工夫も教えていただきました。

まだ製作途中で展示されていた新作のアーカイブ版ザク、
完成を楽しみにしています。

灸 -YAITO- 他 (焔朱さん)

レギオンガメラ 他 (ヤオロズさん)

グフレディ 他 (西田総務さん)

ゆらゆらアッガイ 他 (ハリーさん)

ガンダムウェリーネ・ドゥーエ 他 (翠さん)

やつらを狙い撃つ 他 (YUKIOさん)

ZZガンダム 他 (holmesさん)

Neo Prefect Strike 2017 他 (Tonoさん)

ゼルフィカール/ナイトレイ 他 (七誌さん)

ガンダムバルバトス ルプス 他 (ダミアン教授さん)

ギャン子 他 (命 陽炎さん)

ガデッサ 他 (狗呂さん)

イフリート改 他 (なおさん)

シロクマロボ 他 (ミツタケさん)

アマテラス 他 (ねこだましさん)

Mig-25 他 (HALさん)

トリケラトプス 他 (おやじさん)

シンゴジラ 第4形態 他 (板さん)

ガンキャノン 他 (しんいちさん)
しんいちさん、ガンプラもされるのですね。
ガンプラ作例は初めて拝見しました。

ガルバルディβ 他 (Sei-the-Rockさん)
静岡ホビーショーかKCFで拝見させていただいたガルバルディ、
モノアイが光っているのが特にカッコイイですね。

リルル 他 (岡田蝙蝠さん)
初めて見たドラえもんの映画が、
のび太の鉄人兵団だったのですが、まさかリルルの立体物が!?と思ったのですが、
figmaベースで改造されたもののようです。
とても可愛く造られていました。
あと、隣に展示されていたサザンクロスもイイですね。
グイグイ惹きつけられましたw

ランボルギーニ 他 (ken-1さん)

メルカバ 他 (kabukichiさん)

左のジムスナイパーカスタムは軍平セブンさんの作品です。

ズゴラーのみなさま 他 (ズゴ沼さん)

燈原卿 他 (ayumuさん)

フォースインパルスガンダム 他 (ぼばさん)

スサノオ 他 (玖辺澪さん)

競泳水着探偵しずるちゃん 他 (フナトモさん)
本当に1体1体ステップアップされているな~。と、いつも感じてますが、
今回は肌色が透明感のある感じで塗装されていました。
膝裏のシャドウとかいい感じですね。
もう肌色はかなり得意なのでは?
次回作も楽しみですね。

写真は以上になります。
1点だけ、残念だったのが、ジワラさんの作品が撮影出来なかった事でしょうか?
私が午後から大阪に戻らないといけなかったので、
設営完了まで会場に留まれなかったのが理由なのですが、
設営中の作品をちらっと拝見したところ、カッコイイ作品が展示されていました。
また、機会があったら拝見させていただきたいと思います。

展示会の雰囲気は、場所柄なのか比較的、見学するにあたり、
スペース的に余裕のある展示形態で、
ゆっくり、じっくりと見学できる良い展示会だったと思います。
展示会によっては、外が寒くても、会場内がめちゃくちゃ暑いという事もありますが、
天井が高いからなのかわかりませんが、そこまで熱気が溜まっている訳でもなく快適でした。
あと、展示会慣れしたベテランの方も多かった為、
自分の作品の前にずっと立っているという方もおらず、その点も良かったと思います。
(初心者向けの展示会の場合、どうしても自分の作品の前から、
 ずっと離れない[離れられない?]人もいらっしゃいますので、
 少し見学できるスキを作っていただけるとありがたいですね。)

撮影環境としては、室内が明るく撮影しやすい状況だったかと思います。
1つだけ(撮影者が)気にしたほうが良いと思った点があるとすれば、
部屋の通路側がガラス張りなので、
作品を撮影していると通路を通る方が写り込んでしまう事がある事でしょうか?
自分はあとから背景にモザイクをかけるのが面倒なので、
絞り値を開放気味にして、背景をぼかしまくっているので、
比較的大丈夫とは思いますが、
やはり、他人に写真を撮られるのは不快な方もいらっしゃると思いますので、
(写真をWEBに公開する場合は特に)
そこは気を付けたほうが良いかと思いました。
(ファインダーを覗いていると、どうしても周りが見えなくなりますよね。)

参加された皆様、運営関係者様、本当にお疲れ様でした。
色々と作品を撮影させていただいたり、ポイントを説明していただいたりして、
ありがとうございました。
来年も開催されるのであれば、是非、見学に行きたいと思います。

それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA