ガンプラEXPO in OSAKAに行ってGBWC2016チャンピオン作品を撮影してきた

2017年11月2日~11月13日まで大阪梅田ロフト 1F ロフトマーケットにて
開催中のガンプラEXPO in OSAKAにカメラを持って行ってきました。

ガンプラを見て、作って、その魅力を身近に感じてもらうためのイベントという事で、
会場には1/1スケールのガンダムヘッドの展示やGBWC2016日本大会チャンピオン作品の展示、
会場限定ガンプラの販売、組み立て体験会などガンプラファンに限らず、
様々な方が楽しめる展示となっています。

私の目的は、GBWC2016日本大会チャンピオンの作品を見学する事でしたので、
早速、その素晴らしい作品を写真で紹介したいと思います。


永遠の絆 ~義経・弁慶 新しき国へ~
横田ユースケさん製作
GBWC2016 世界大会オープンコース優勝作品

五条大橋に立つ源義経と弁慶を再現された作品。
真正面から見た時、1つの世界が出来上がっていますね。
作品コメントによれば、桜の木、花はすべてフルスクラッチで造られたそうです。
見学されている方も、たくさんの方が驚きの声を挙げられていました!!

鎧ディティールは薄いプラ板を重ねて造られているそうです。
どこもディティールが細かいですね。


橋の下には弁慶が奪った刀が沈められています。
水の表現も綺麗ですね。


鎧の裏側もしっかりとディティールが造られています。


やっぱり、世界レベルは凄いですね。
こんな間近でガッツリ見る事が出来るだなんて、なんて素晴らしいイベントではないかと思います。


ストライク & ダークマター
タークマターさん製作
GBWC2016 世界大会ジュニアコース2位作品
GBWC2016 日本大会ジュニアコース優勝作品

ビルドストライクとダークマターとの宇宙戦をイメージしたというこちらの作品、
塗装が色々と工夫されていて、とてもカッコ良く作られています。
ストライクにはディスティニーの羽根が合体していて、大きく広がっている姿も迫力がありました。

へクス調のモールドの追加、網目塗装がキマっていますね。
台座も回転ギミックが組み込まれているようですが、
今回の展示では動いていなかったです。

このダークマターは左右で色が赤と青で異なっています。
腰のアーマー等の独特の模様がカッコイイですね。炎をイメージされているのですかね?

この蛇紋模様は真綿をマスキングに使った塗装法でしょうか?
黒い部分の手芸ネットを使った塗装も綺麗ですね。


あとは歴代日本チャンピオンによる作例も一緒に展示されていました。

グフ飛行試験型 Ver.ROKU
GBWC2015 日本大会オープンコース優勝 ロクさん製作

フリーダム C.E.73
GBWC2014 世界大会オープンコース2位 日本大会オープンコース優勝 ヨシさん製作

インパルスガンダム ブランシュ[GHL009 作例]
GBWC2013 世界大会オープンコース優勝 日本大会オープンコース優勝 シュンさん製作

1/100 ガンダムグシオン・REBOOT
GBWC2012 日本大会オープンコース優勝 六笠さん製作

バルバトス
GBWC2011 世界大会オープンコース3位 日本大会オープンコース優勝 ヤマタツさん製作

ガンプラEXPOの写真は以上となります。

とても楽しい催しなのですが、
残念ながら明日、13日18時までの開催となっています。
まだ、大阪近郊の方でまだ遊びに行っていない人は是非、一度、遊びに行ってみては如何でしょか?
梅田ロフトは、大阪駅からも徒歩で行けるところにありますので、
ヨドバシカメラに寄ったついででも立ち寄れるかと思います。

あと、梅田ロフトですが、7階には文教堂JOY B’s Hobby 梅田ロフト店があります。
こちらには店頭に月刊ホビージャパンのライターさん(GAAさん、まつおーじさん)による
掲載作品の展示コーナーがあります。
展示作品の一例をご紹介。

梅田ロフトへ立ち寄った際は、
エスカレーターを上がって、7階の文教堂JOY B’s Hobbyさんにも
是非、遊びに行ってみてください~。
何か良いキットが見つかるかもしれません。
また、文教堂JOY B’s Hobbyさんに展示されている作品の紹介は、
別の記事でまとめたいと思います。

それでは、今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA