【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その9-

ついに明日に迫ってきたワンダーフェスティバル2017夏。
ツイッターのTL上も告知ツイートの連続で流れが速くなってきました!!
私は残念ながら仕事の都合で会場へ向かう事が出来ないのですが、
せめてワンフェス気分を味わおうと
2017/2/19に開催されたワンフェス2017冬のレポートの続きを投稿したいと思います。

nico-laboさん スーパーバイザーさん
pan712さん 造魔殿さん
熊猫工務店さん プリメンラボさん
遼来々さん えひめ軒さん
恐吉工房さん グラビアンスキーさん
たつ屋さん 永野工房さん
建珍汁さん the poppy puppetさん
Mono;Polishさん oneさん
ふぉるとねいしょんさん ぷるるん亭さん
モワノーさん  

※ディーラー名や作品名に誤りがありましたら、
 コメントやツイッターでご指摘いただけると助かります。
 掲載順は順不同です。


nico-laboさん


スーパーバイザーさん


pan712さん


造魔殿さん
このワンフェスのさらに1回前の夏のワンフェスでは、
妙高4姉妹の胸像セットを販売されていたのですが、
見事に見学&撮影し損ねてしまった造魔殿さんのブース。
今回はしっかりと見学させていただくべく、気合を入れて行ってきました。
妙高、足柄の艤装は、鍛冶屋(づんだノフ)さんがお手伝いされたという事で、
実際に拝見させていただくのを楽しみして卓に向かったのを覚えています。
ちょっと気合を入れ過ぎて、かなりの枚数を撮影していましたので、
ガッツリ紹介させていただきます~。
(ホントはきちんと記事に書いてと思っていたのですが、
バタバタしていて写真だけの紹介になってしまいましたので、
ここだけコメントを書かせていただきました。)


熊猫工務店さん


Factory UNKさん


プリメンラボさん


遼来々さん


えひめ軒さん


恐吉工房さん


グラビアンスキーさん


たつ屋さん


永野工房さん


建珍汁さん


the poppy puppetさん


Mono;Polishさん


oneさん


ふぉるとねいしょんさん


ぷるるん亭さん

モワノーさん

以上になります。

一応、このワンフェスのレポートは今回が最後となります。
撮影したデータを確認すると、
11時11分から撮影を開始して、16時10分までで2458枚撮影していました。
(帰りの飛行機の時間がありましたので、16時30分には幕張メッセを後にしました)
時期が冬ですので、熱中症にはなりにくいとは思いますが、
手の握力は無くなりますし、足や腰はガクガク、
ファインダーを覗く右目もその日はずっとチカチカするくらい
疲れていたのを覚えているのですが、
とても充実した1日でした。

今後もワンフェスなどのイベントで撮影は続けていくと思いますが、
もう少し体力をつけて、ペース配分も考えていきたいなぁ~と思いました。

今回のワンフェスでもカメラ持って撮影される方も沢山いらっしゃるかと思いますが、
あまり無理をせずに(特に熱中症)、撮影を楽しんでいただけたらと思います。
たまには会場の端っこに行って、床に座って体力回復させるのも大切かと思います。
あと、座って休んでいる時にカメラを置く場所には気を付けてください。
ちょっと目を離しているスキに置き引きされた日には、
カメラもレンズも失って、撮影したデータも併せて失うという
とても悲しい出来事になってしまいますので・・・。

結構、休憩されている方でも、危ないな。というのを見かける事があります。
特に疲れで目をつぶっている?もしかして寝てるのかも?時は
カメラを抱えておかないと怖いと思います。
ワンフェスではないのですが、
中には高価なズームレンズが安価な汎用レンズに差し替えられていたというような
信じられない話も聞いた事がありますので・・・

あと、これもよく見かけるのですが、食事中などテーブルにカメラを置いている時に
ストラップをテーブルから垂らしておくのは危ないと思います。
横を通り抜けた人の鞄などに引っかかって、
カメラが落ちてレンズが粉々という可能性もありますので。

人気のディーラーさんの卓は、撮影するのにも列ができている事が沢山あります。
そういった時は焦らず、順番を待ちましょう。
順番を守らずに横から割り込んでくる人もいますが、
キチンと順番を守って撮影したほうが、
撮影に適した場所から落ち着いて撮影出来ますので、綺麗な写真が撮れると思います。
それでも難しいようでしたら少し時間をずらして撮影するというのも有効かと思います。
14時を過ぎたあたりから人の流れもだんだん落ち着いてくると思います。
(気を付けないといけないのは、ディーラーさんによっては飛行機などの都合で
 早めに卓を片付けられる可能性がありますので、
 どうしても撮影&見学したい作品がある時は並んででも撮影しておきましょう。
 ガレキとの出会いは一期一会ですので。)

それでは、明日は参加される皆さんの楽しい1日となる事を祈っています。
今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA