【ワンフェス2017冬レポート】初めてのディーラー(追加要員)参加してみた!!

夢のような空間だったワンダーフェスティバル2017Winterが終わって、
早くも一週間が過ぎましたが、
ようやく当ブログでもワンフェスレポート記事を書き始めました。

ワンダーフェスティバル2017冬看板

いつも拝見させているフィギュアレビューサイト様では、
既にワンフェスレポートが終わろうかという状況なので、
色々撮影させていただいたディーラー様には、
本当に更新のペースが遅くて、スミマセン。

今回はいつもと異なり、初めてのディーラー卓の一員としての参加でしたので、
今まで知らなかった搬入やディーラー受付、開場の瞬間など、
色々と経験する事ができました。

なので、今回のレポートは、まず感想などを書いた記事から書いて、
後日、撮影させていただいたディーラー様の作品を紹介していきたいと思います。

レポート記事を追加する都度、
この下に記事へのリンクを追加していきたいと思います。


【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その1-
Quartzさん、Vixenさん、シャークフィンさん、京抹茶さん、みねしろ造形部さん、La favoriteさん、てるみやさん、ZHU JIAJIEさん、フリー フォーリンさん、ししゃも亭さん、SAI工房さん、メイワクナオコジョさん、みずうみの底さん
【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その2-
苺Milktea&ディッチカメレオンさん、SakakiWorkshopsさん、グリズリーパンダさん、大正堂&あとりえカルロスさん、栗屋さん、うねり階段さん、Daedalus Factoryさん
【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その3-
蟹倶楽部さん、ちるどれんたいむさん、アスパラベーコンさん、7144さん、神聖マタンゴ帝国さん、とちおとめさん、INANOME BRIGHTさん、Arti【】Gateさん、ドリル8号公園さん、Pectryさん、たけみつ堂さん、Archiveさん
【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その4-
鶴の館さん、 肉男爵倶楽部さん、 チェリーブロッサムさん、 宴会芸さん、 鈴木会社造形事業部さん、 北方製作所さん
【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その5-
モデルパッショナさん、GSプロジェクトさん、金平糖工房さん、秋月剛さん、ジロー模型さん、吉本アートファクトリーさん、バジルの造形魂+Y氏さん、レジンの食卓さん、つねぱんさん、ロボソウルさん、marumaruさん、T.U.Mさん
【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その6-
工房ときたまさん、楠楓さん、ナイトウモデルズさん、七竃さん、ATELIER HIROさん、スペアパーツさん、てふろんていさん、模型部(nexT)さん、八極堂さん、青銅CIRCUSさん、SilkieHeadsさん、N.S.F.さん
【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その7-
びーふるさん、light stuff productさん、めっちゃストロング!さん、にぼし筋肉さん、こみの工房さん、Wind Woodsさん、だっしゅさん、越中大日堂さん、満足村さん、ぽんさん、PeachGarden&2kさん、FGeWさん、ほうき星さん、猫猫戦隊さん、へりくろ堂さん、riccaさん、OM規格さん、T&Mプロジェクトさん
【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その8-
AnA-DiGiさん、マツオ企画さん、墨屋さん、Hermit Crabさん、シスブラさん、ハッカさん、フジヤマサンカクさん、MADHANDSさん、うつねこ亭さん、Cerberus Project TMさん、One Two Justiceさん、Leoparadさん、厚切りベーコンSHOPさん、ルントウさん
【ワンフェスレポート】ワンダーフェスティバル2017冬に行ってきた!-その9-
nico-laboさん、スーパーバイザーさん、pan712さん、造魔殿さん、熊猫工務店さん、プリメンラボさん、遼来々さん、えひめ軒さん、恐吉工房さん、グラビアンスキーさん、たつ屋さん、永野工房さん、建珍汁さん、the poppy puppetさん、Mono;Polishさん、oneさん、ふぉるとねいしょんさん、ぷるるん亭さん、モワノーさん

あと、前回のワンダーフェスティバル2016夏のレポートのまとめはこちらです。


それでは、早速ですが、ディーラーとして参加させていただいて、
内側から見たワンフェスについて、時系列に沿って書いていこうと思います。
(内側から見たと言っても、
当日は結局ディーラーブース撮影ばかりで
ほとんど卓には居なかったのですが)

まず、今回ディーラー卓の一員として
卓にお邪魔させていただいたディーラー様は、
以前の記事でも紹介させていただいた
皆様に笑いをお届けしたい、ニッチな趣向にお応えする模型サークル
「続・玄米低温貯蔵庫」さん(卓番号5-09-10)になります。

続・玄米低温貯蔵庫卓の様子

続・玄米低温貯蔵庫卓の様子2

ディーラー卓に参加させていただける事になった経緯は・・・何でしたっけ?
確か前回のワンフェスが終わった後に、
ツイッターで次回はディーラーさんの卓に入ってみたいと言うようなツイートをして、
それにリプライをいただいたのがきっかけだったと思います。

そもそも、サークル主のfolさん、fol嫁さんと出会ったのも、
私が初めて京都のNextGateさんにお伺いした時に、
偶然、お二人も見学に来店されたというのが始まりで、
本当に偶然の上に成り立つディーラー参加でした。
(ちなみに昨年大阪難波で開催されたGWCでは、まだお互い面識が無く、
なんと、続・玄米低温貯蔵庫さんの卓を撮影していないというくらいです・・・
本当に申し訳ないです)
なので、今回は参加させていただけて、
本当に感謝の気持ちしかありません。
会場では、帰り際にバタバタして、ちゃんとお礼出来ませんでしたが、
この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。
今度、お土産持っていきますw

ただ、ディーラー卓に1席頂いて参加する以上、
何かしらお手伝いをしなければという事で、
私の任務は、前日搬入に潜入し、
ディーラー受付と宅配便の受取という事になりました。
ディーラー受付とは、その名の通り、
前日搬入時、または当日開場前(遅刻した場合もあるので開場後でも大丈夫なのかな?)に
ディーラーとして参加しに来ましたと主催者にお伝えする為の手続きですね。
その際、版権物があれば証紙シール等が渡されます。
また、追加の椅子やディーラー用カタログも受け取ります。

宅配便の受け取りは、事前に送られた荷物を受け取って自分の卓に運び込む事ですね。
展示台等大掛かりな物は、事前に送っておけば楽ですね。

前日搬入は16時30分~19時30分まで(20時には完全撤収)
ということで、私は17時過ぎにJR海浜幕張駅に到着し、幕張メッセまでは徒歩で移動しました。
最初、前日搬入に何処から入ったらいいのか分からず、前の人について行っていたのですが、
どうやら前の人の目的地は幕張メッセではなかったようで、
歩道橋をまっすぐに進んでしまいました。
なので、とりあえずメインエントランスへ向かって行くことにしたのですが、
その判断は正しかったようで無事、会場に入る事が出来ました。
(途中でグッスマレーシングの車両が並んでいましたので横から撮影しました。)
※当日は見事に見学するのを忘れていました。
また個人スポンサーのステッカー見損ねた・・・。
グッスマレーシング ミクSLS AMG GT3

会場に入る時にはディーラーパスが必要なので、
入る時には首からぶら下げてスタッフに提示する必要がありました。
あとは一度、卓の場所を見に行って、
ちょうどお隣のディーラーさんも準備されていましたのでご挨拶もさせていただき、
ディーラー受付へ。

前日搬入の会場は車での搬入も許可されており、
ゆっくりですが、車も卓の間を走っていますので注意が必要です。
ここで事故でも起こしたら、お互い不幸過ぎる。

ディーラー受付はかなり混雑していたのですが、
私がディーラーの証明書?を無くした人用の列に並んでいたようで
途中からは完成品提出用の窓口も解放されて、一気にスムーズに進みました。
ディーラー用のカタログと追加の椅子、版権証紙シール等を受け取って自分の卓に戻り、
次は宅急便の受け取りへ向かいます。

前日搬入時の宅急便は3ホールと4ホールの間の通路に集められており、
その中から自分の卓番号の書かれた箱を探します。
色々探していて気付いたのですが、
たまに卓の番号が見づらい箱があり、
送る際に注意が必要だな。と思いました。
(これはワンフェスに限った話では無いと思いますが)
荷物の集積場所の近くには、カーゴが大量に置いてあり、
それに荷物を載せて、運ぶ事が出来ます。
私は比較的すぐに荷物が見つかったのですが、ずーっと探されてる人もいましたので、
当日の朝、受け取りだと大変だろうな~と思います。
カーゴにはコロコロが付いていますので押して行くことが出来ますが、
メッセの床は配線のカバー等、意外とガタガタしていて、
カーゴがぐらつくので、あまりスピードは出さずに慎重に押していく必要がありますね。
自分と同じようにカーゴで荷物を運んでいる方もいらっしゃいますので、
ぶつからないようにゆっくりと運びました。
前日搬入は余裕があっていいですね。

私の前日搬入の作業は、荷物を卓に運ぶ事まででしたので、
一旦、ここからは、がれきっさ猫鯖や大阪ねんど会で
いつもお世話になっている皆さまへのご挨拶をさせていただき、この日は終わりました。
そういえば、卓に到着して、驚いたのですが、
すべての卓の上に、12月にお邪魔させていただいたEDEG注型所さんのチラシが置いてありました。
直接お会いする事はありませんでしたが、
あの会場すべての卓に配布するのは、なかなか大変そうですね。

この時は別の建物となる7、8ホールへの移動は特に制限はありませんでしたので、
そちらのホールへも見学に行きました。
あと、前回から会場の照明や柱はどんな感じだったかな?と思って
スマホで撮影しまくりましたのでアップしておきます。
幕張メッセ天井7ホール

幕張メッセ天井6ホール

幕張メッセ天井6ホール

幕張メッセ天井6ホール

本番と違い、ライトは2個づつの点灯となっているので、
明るさは半減なのですが、ライトの位置は何となく分かったかな~という感じです。
(あまり意味は無いかも知れませんが)
前回のワンフェスの時には、7、8ホールより4、5、6ホールのほうが明るいように思いましたが、
各ホールごとの照明の数は違いが無いようです。
天井が高く、ホールが広い分、そう感じただけかも知れませんね。
幕張メッセ天井4ホール
一応、5ホールについては4ホール、6ホールの照明の影響を少しは受けてると思うので、
他よりちょっとだけ明るいのかな?と感じています。
あと、途中にある柱は思ったより細く、そこまで邪魔な存在では無さそうでした。
幕張メッセ天井4,5ホール

あと、この日は千葉みなと駅前のホテルに宿泊したのですが、
食事などは海浜幕張で済ませたほうが良さそうです。


明けて翌日、遂にワンフェス当日がやって来ました。
当日搬入は7時頃から行えるという事で、
海浜幕張には7時5分頃に到着するように移動しました。
この日は、ディーラーは幕張メッセの裏側から入るようになりますのでメインエントランス側は通りません。
(これがグッスマレーシング見逃す事になるとは、その時は思いもよらず)
搬入口を目指して歩いていると、
なんと!!ちょうどGuntieさんがいらっしゃったので、
ご挨拶して、一緒に会場へ向かいました。
私は初めてだったので、何処から入るのかよく分かっておらず、
少し不安だったので助かりました。

会場の入ってから、すぐに卓に向かうと
既にfolさん、fol嫁さんが到着されていて準備を進められていました。
既に周りの卓の皆さんも準備を進められていました。
そこから私は自分のアプリ360Viewerを卓に置いて、
開場のまでに色々とご挨拶&お使い(差し入れの交換)をしながらウロウロしていました。
(お邪魔させていただいた皆さん。
朝の準備の忙しい時に色々対応していただき、ありがとうございました。)

ワンフェス会場は意外と狭い世界の空間で、
普段は模型展示会でお会いするような方やツイッターで
交流させていただいている方も普通に歩いていらっしゃったりするので、
意外な出会いもあり、ついつい話し込んでしまいますね。

会場前に色々な卓をまわらせて頂いて、
スマホですが撮影させていただいたので、
ここで紹介させていただきます。
(イベント中にはお伺い出来なかったディーラー様もありましたので・・・。)

瓢箪山電気´さん(卓8-24-14)
瓢箪山電気´さん卓

ソフトシェルクラブさん(卓5-03-12)
ソフトシェルクラブさんの卓

あずれい&マイネロチョコさん(卓8-24-14)
マイネロチョコさんのきらりチョコ

大正堂&あとりえカルロスさん(卓8-24-14)
あとりえカルロスさんの卓

イベント開場30分前の9時30分には、
4,5,6ホール、7,8ホール間の移動は禁止となります。
なので、9時30分の前には自分の卓のある5ホールへ戻って、
開場へ向けて待機する事にしました。
(folさん、fol嫁さん、当日の設置のお手伝いを全くせずにスミマセンでした・・・)
この辺りから、少し張りつめたような空気が漂っていたのですが、
そわそわしながら、そろそろ開場かな?とスマホの時刻を見ている時に、
開場を伝えるアナウンスが流れた。と、
同時に一気に入場者の皆さんが一気に会場に流れ込んできました!!
ドドドドドッという足音?と多数の人の塊が一気に卓と卓の間を埋めていき、
その振動で展示物が少し揺れます。
色んなディーラー卓で購入者の列の形成を促す掛け声や、怒号?のようなものも聞こえてきます。
中には残念ながら、本気でダッシュしている人もいて、凄い状況になっていました。
皆さん大きなバッグを持って、とりあえず、
卓に並んでいるキット1個ずつ全部といった感じで買っていく人もいて、中々豪快です。
この辺りは、色々思う事もありますが、
いつものんびり入場して完売の値札を見学していた身からすると、
どんどん完売の札が貼られていく様子を見るのは壮観でした。
私が艦これに興味があるからなのかは分かりませんが、
見ている限りでは、やはり艦これから売れていっているように思いました。
また、12月のトレフェスの時も思いましたが、ガルパンのキットも売れ行きが良いようですね。
ただ、個人的な感覚ですが、11時の時点でもまだキットが残っているものが前回よりも多かったように思います。
(聞いた話では、鶴の館さんのラム&レムも第1波の時にはまだキットが残っていて、
 会場10分後のホール間移動が可能になった後に完売になったと聞きました)

流石に1時間が過ぎたあたりから、人の流れに余裕が出てきましたので、
本格的に撮影に行こうかという事で、
続・玄米低温貯蔵庫さんの卓を後にしたのですが、
そこから後の記憶が曖昧でよく覚えていないというのが正直な感想です。
その後、卓に居たのは合計で15分くらいで、
ほとんど飲まず食わずで黙々と撮影をしていたのですが、
かなり体力を消耗したようで、16時を過ぎた頃にはフラフラになっていました。
中腰で撮影したり、しゃがんで撮影したりして、スクワットをしつつ、
ずーっと歩き続けるので、たかが撮影といえども、かなりしんどいです。
いつも終盤にはファインダーを覗く右目はよく見えなくなりますし、
右腕もしびれた状態になるので、ペース配分大切ですね。
冬なので倒れる事は無いと思いますが、夏はこまめに水分を取るように注意したいですね。

今回も黙々と大量の作品を撮影させていただいたのですが、
この会場に展示されている作品と比べると、10%も撮影出来ていないのでは無いでしょうか?
(撮影枚数は2,458枚でした)
ワンフェス会場はそれくらい凄いところなのです。

今回もカメラを持ったお客さんも多く、
人気ディーラーさんの卓は常に撮影の行列が出来ていました。
私も並んで、撮影させていただく事が多かったのですが、
今回はあまりに混んでいるディーラーさんを避けたからなのか、
特に撮影に関するトラブルはありませんでした。
1回だけ並んでいる時に、前の方の順番が来た時、
横の卓からスライドしてきた人に割り込まれた事があったのですが、
それくらいでしょうか?
前の方が少し引いたので大きな問題にはなりませんでしたが、
卓に接触するのでは無いかと思いましたので、少しヒヤっとしました。

あと、今回は海外の方が特に多かったように思いました。
(たまたまかもしれませんが)
海外の方はバニーフィギュアへの反応が良いのか、
八極堂さんの愛宕・高雄バニーには、
「Oh~!」と言いながら、次々と海外の方が撮影&見学されていました。

今回撮影させていただいた写真の中で、個人的に気に入った絵が撮れたのは
あろまぴっとさん(卓6-09-15)の「千矢と山のお友達」(うらら迷路帖)。
あろまぴっと「千矢と山のお友達」(うらら迷路帖)
造花の桜と背景など全体の雰囲気が良い感じではないかと思います。

で、私は前日搬入をする為に土曜日から東京へ来ていたので、
ワンフェス当日は宿泊せずに帰らなければならず、
今回は飛行機を選択しましたので16時20分頃には会場を出る必要がありましたので、
少し早めに撮影を切り上げました。

最後、16時頃には卓に戻り、荷物をまとめ始めたのですが、
ちょうどその時に、続・玄米低温貯蔵庫にお客さんがバタバタっと連続で来られていましたので、
あまり挨拶をする事も出来ず、帰宅の途に就きました。
次回は片付けもお手伝いできるように当日も宿泊する方向で行きたいと思います。

という事で、開場してからは、ただ撮影していましたというだけの事なのですが、
今回も色々な方や作品との出会いがあり、大変楽しい時間を過ごす事が出来ました。
次回以降もディーラー側での参加となるか、一般参加となるかは分かりませんが、
可能な限り、ワンフェス会場へ足を運んで、あの雰囲気を見て、感じていきたいと
再認識できる1日となりました。

今回も、お忙しい中、色々撮影させていただいたディーラー様、ありがとうございました。
またワンフェスに参加された皆様、お疲れ様でした。

今後もこういったイベントやねんど会、模型展示会などでお会いする事もあると思いますが、
その時はよろしくお願い致します~。

あと、「続・玄米低温貯蔵庫」のfolさん、fol嫁さんには、
わざわざお声かけいただき、席の追加していただき、ありがとうございました。
また今後も参加する際は、お世話になるかと思いますので、
よろしくお願いします。

それでは、次回からしばらくは
ワンフェス会場で撮影させていただいた写真を紹介していく
レポート記事を頑張って書いていきたいと思います。

今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA