グッスマ・マックス 秋の新作展示キャラバン in 東名阪で撮影してみた。-その1-

またまた今さらな記事の更新ですが、
2015年11月14日に大阪日本橋のソフマップなんば店ザウルス1にて
開催されたグッスマ・マックス 秋の新作展示キャラバン in 東名阪の時に
撮影したフィギュアの写真を紹介したいと思います。

初音ミク mebae Ver.

~グッスマ・マックス 秋の新作展示キャラバン in 東名阪とは~
グッドスマイルカンパニーとマックスファクトリーの新作フィギュアの現物が展示されたイベントです。
まだ発売前のフィギュアも多数展示されていましたので、
気になるフィギュアを自分の目で見て、造形を確認する事が出来ました。

当日はあいにくの曇り空で、今にも雨が降りそうな天気でした。
フィギュアが展示してある場所は屋内かと思っていなので、昼過ぎからゆっくり出かけたのですが、
ソフマップに着いてみると、1階の入り口前にテーブルがセットされて、
予約受付中の新作フィギュアが展示してありました。

今回の目玉は、なんといっても初音ミク mebae ver.(キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク)かと思いますが、
マックスファクトリーの鏡音リン・鏡音レン Tony Ver.(キャラクター・ボーカル・シリーズ02 鏡音リン・レン)やブラックマジシャンガール(遊☆戯☆王デュエルモンスターズ)、
グッドスマイルカンパニーの薙切えりな(食戟のソーマ)、ねんどろいど秋津洲(艦隊これくしょん)、ねんどろいど吹雪(艦隊これくしょん)など豪華なラインナップでした。
しかも鏡音リン・鏡音レン Tony Ver.、薙切えりなはケースには入っておらず、特に障害物が無い状態で撮影する事が出来ました。
展示されていたフィギュアは、量産サンプルでは無いという事でしたので、
厳密には、量産され市販されるフィギュアとは別物となると思いますが、
劣化の少ないメーカーだけに期待は大きく膨らみますね。

それでは、早速、順番にフィギュアを見ていきましょう~。

■初音ミク mebae Ver.(キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク)
-マックスファクトリー 2016年6月発売予定-
初音ミク mebae Ver.1

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/200秒
ISO:400

まずは全身。
髪の毛のウネウネ、チュチュやリボンなどの動き、手の指先、足のつま先の形まで、
今にも動き出しそうな躍動感がありますね。

初音ミク mebae Ver.2

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/200秒
ISO:400

同じ角度で寄って撮影。
瞳は睫毛まで細かく描き込まれています。
頬にはチークもうっすら入っていて、バレリーナのメイクという雰囲気もバッチリですね。
お口がセクシィー!

初音ミク mebae Ver.3

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/200秒
ISO:400

少し角度を変えて、真横から。
髪の毛はクリアパーツのようですが、毛先にかけてのグラデーションが綺麗ですね。
グッスマのサイトでも引き締まった身体と紹介されていますが、まさに無駄の無い美しいボディとなっていると思います。
腹筋やあばらもうっすらとわかりますね。
個人的には足首や手首、チュチュに付いている薔薇の造形が気になります。

初音ミク mebae Ver.4

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/160秒
ISO:400

さらに少し回り込んで。
脇と横腹の影が美しい・・・。
髪飾りも普段のミクとは違う独特の形状となっていますね。(とても綺麗に造られていますね)

この初音ミクは、アクリルボックスに囲まれていた為、
角度によっては、光が反射して白っぽく写り、撮影が難しかったです。
わざわざ偏光フィルタを持って来ていなかったし・・・。
なので、メインのフィギュアといいつつ、この4枚しか撮影出来ていませんでした。
残念。もっと粘ればよかったかな?

■薙切えりな(食戟のソーマ)
-グッドスマイルカンパニー 2016年5月発売予定-
薙切えりな1

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/160秒
ISO:400

公式サイトの紹介では、地獄の合宿の朝食課題でエッグベネディクトを食べた男のシーンを再現しているそうですが、
これは!!女王様ですね~。
表情といい、ポージングといい、衣装といい、素晴らしいと思います。

薙切えりな2

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/160秒
ISO:400

このフィギュア、初めて見た時から思っていましたが、足がとても綺麗ですね。
せっかくなので高い目線から撮影してみました。
スカートの皺もとても自然で本物の生地のように見えます。

薙切えりな3

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/160秒
ISO:400
トリミング有

せっかくなのでおみ足のアップ。
足の組み方も自然で足が重なっているところの柔らかそうに見える造形は流石ですね。

薙切えりな4

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/160秒
ISO:400

少し横から。
フィギュア本体も凄いのですが、椅子の彫刻や背もたれの造形もとても細かく造られています。
1/8スケールなのでfigmaで遊ぶには少し大きいかと思いますが、
スケールが合えば他のフィギュアと組み合わせて遊べるのではないでしょうか?

薙切えりな5

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/125秒
ISO:400
トリミング有

上半身のアップ。
特徴的な髪型はもちろん、表情もしっかりと再現されていると思います。

薙切えりな6

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/125秒
ISO:400

市販品には、クリアパーツで作られた男の手も付属するらしく、えりな様にかしずく体験もできるそうです。
ヤバイな・・・。

薙切えりな7

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/125秒
ISO:400

最後におっぱいにピントを合わせて。
胸のところにあるアクセサリーも細かく塗り分けられていますね。

■ブラック・マジシャン・ガール(遊☆戯☆王デュエルモンスターズ)
-マックスファクトリー 2016年5月発売予定-
ブラックマジシャンガール1

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/160秒
ISO:400

上半身のアップ。
ライトの当て方の問題で顔に影が出来ていて、綺麗に撮影するのが難しかったのですが、
表情は原作の雰囲気が再現されており、とても可愛いですね。
また特徴的な帽子や衣装もしっかりと造形されていて、グラデーション塗装もとても綺麗ですね。

ブラックマジシャンガール2

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
焦点距離:60mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/3.5
露出時間:1/160秒
ISO:400

正面よりの角度から。
ポーズは召喚シーンをイメージしているらしく、台座の魔法陣からポンッと出てきた時の雰囲気が再現されています。
魔法陣の模様も細かく表現されています。
個人的には髪の毛や衣装の塗装のツヤが少し気になりましたが、
遊戯王のイメージには合っているのかな?

ブラックマジシャンガールもアクリルボックスに入っていたので、
別角度からの撮影は難しかったです。
もう少し工夫する余地はあったかもしれませんが、
途中から雨が降り始めたので、その時点で撮影は辞めました。
でも、雨が降る直前まで曇り空で、強烈な日差しも無かった為、
影は出にくかったかと思いますので、もしかしたら、撮影する状況としては良かったのかもしれませんね。
(フィギュアが置いてあったのは、ほぼ屋外でした)

一緒に撮影した鏡音リン・鏡音レン Tony Ver.やねんどろいど吹雪などは次の記事で紹介したいと思います。
(写真大量に載せると表示がすごく遅くなるので・・・)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA