フリーイング 英雄*戦姫GOLD パーシヴァル 【フォトレビュー】

メーカー フリーイング
作品名 英雄*戦姫GOLD
サイズ 1/4スケールフィギュア
原型師 FREEing

フリーイング パーシヴァル 全身
PCアダルトゲーム「英雄*戦姫GOLD」より円卓の騎士パーシヴァルが
フリーイングのバニーシリーズにて立体化されました。
元々ゲーム中でもバニー姿のキャラクターなので、
バニーシリーズにカウントしてもいいのかどうかは置いておいて、
とにかくセクシーな姿を色々な角度から拝む事が出来ます。(フィギュアの特権)
そんな姿を写真でレビューしたいと思います。
360°Viewerはこちら

ポーズはセクシーな四つん這いで、微笑んでいるというものになっています。
腰がクイっとなっているのが良いですね。
あとアダルトゲームのキャラクターというだけあって、
胸を腕で挟んでいるような状態になっています。
フリーイング パーシヴァル 身体
正面から。とっても可愛い表情ですね。
首のリボン付きカラーや複雑なデザインの腕の衣装などもしっかりと再現されています。
塗装も綺麗でゴールドの発色もよく、はみ出しなどもありませんでした。
首の蝶ネクタイのグラデーション塗装、綺麗ですね~。
大きいスケールを活かして、耳の形もしっかり造られています。
フリーイング パーシヴァル 顔
違う角度から。
他のバニーシリーズと一緒で、勿論、口の造形、前歯もしっかり造られています。
髪の毛の広がりなど自然ですね。
腰の部分にはバニースーツに皺が出来ていますが、普通の生地と違い、
ちょっと硬質な感じが見てとれますね。
フリーイング パーシヴァル 上半身
今度は反対側の角度から。
顔はどの角度から見ても違和感の無い仕上がりです。
アイプリのズレなどなく、綺麗に印刷されています。
この角度のほうが耳がしっかり見えますね。
フリーイング パーシヴァル 上半身
皆さん、気になっていると思いますが、おっぱいのアップ。
腕にグッと挟まれて谷間が強調された形となっています。
しっかりと胸の谷間が表現されていて、柔らかそうですね。
報告ですが、開封時に胸とカップの間には色移り防止のビニールが挟んでありました。
一応、ブラカップが軟質素材で作られていて、
多少、力は必要ですが、めくる事が出来る仕様となっています。
私も確認してみましたが、一応、ピンクの乳首が存在していました!!
あと、ちょっと気になったのが、胸の大きさを強調する為に
おっぱいの付け根にくぼみがあるのですが、
向かって左側、パーシヴァルからすると右側の胸の付け根、
脇の横のくぼみが急に凹み過ぎているのではないかな~と思いました。
(ちょっと垂れ過ぎに見えてしまうような気がしますね・・・)
フリーイング パーシヴァル おっぱい
腕の衣装(甲冑?)は大槍葦人氏のイラストの通り、
複雑な形状をしっかりと再現されています。
金色のラインがしっかりと塗装されていますが、
甲冑部分もしっかりとグラデーションがキマっていて、ツヤもしっかりあります。
パーシヴァルの肌とは質感がうって変わって、固い鎧という印象がしっかりと表現されていますね。
ちょっと見えずらいですが、指先も爪までしっかり造形されていて、
塗装も塗り分けられています。
フリーイング パーシヴァル 腕
髪の毛の造形は、このバニーシリーズに類を見ないくらい複雑な形をしています。
どうしてもこのシリーズは大きさゆえに大雑把な造形のイメージがありましたが、
シリーズを重ねるごとにだんだん髪の毛が細かく分かれるようになり、
遂にウェーブのかかった髪型でもしっかりと奥行きのある造形で表現されるまでになっています。
フリーイング パーシヴァル 髪の毛
こうして見ると、2つ以上のパーツで構成されていると思われます。
塗装もとても綺麗にグラデーション塗装されています。
腰の部分の皺の現れ方も見応えがありますね。
背中は残念ながらあまり見えないですね。
フリーイング パーシヴァル 髪の毛
あとはお尻のアップ。
このポーズですのでお尻と突き出したようなポーズとなっており、
後ろから撮影するとかなりセクシーな絵が撮れますね。(ヤバイですね)
お店などではこの角度から見る事はできなかったと思いますが、
じっくり見る事が出来るのは、購入者だけの特典ですね。
勿論、網タイツは布製です。
尻尾はモールドで毛の流れ?が表現されています。
結構な大きさですね。
フリーイング パーシヴァル 尻尾
最後に、お尻の真正面から。
布で表現された網タイツとの関係もあって、リアル感が半端ないですね。
お尻や脚の形に合わせて、網タイツが伸縮しており、
より表面の形が分かり易いですね。
あと、膝裏や足首の造形なども素晴らしいです。
フリーイング パーシヴァル バック

以上、ちょっと写真が少なめですが、パーシヴァルの紹介となります。
1/4で四つん這いポーズですので、展示するスペースはしっかりと確保が必要ですね。
(このシリーズ、集めるのは良いのですが、
 箱も大きいので収納するのも一苦労ですね)
こちらのフィギュアは、比較的量産されているのか、
時々、中古フィギュアショップなどでも見かけますが、
多分、時間が経てば経つほど価格が上がっていくのではないかな~?と思っています。
私自身もゲームの事は良く知らないのですが、
原型を見た時から、これは良さそうだと思って購入したフィギュアとなりますので、
もし、この記事が気になっている人の参考になれば幸いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA