第14回大阪ねんど会に行ってきた。-その2- 【展示コーナー作品紹介】

2016年10月22日にボークス大阪ショールーム8階イベントスペースで開催された
第14回大阪ねんど会の展示コーナーに展示されていた皆さんの作品紹介の続きになります。
なかなか普段見る事の出来ない原型状態の作品や、
ワンフェスのようなイベントでしか見る事の出来ない作品が展示されており、
見学だけでも十分楽しめますね。
今回は見学のみの方も沢山いらっしゃったような気がします。

前回の記事はこちら

それでは早速、作品の方を紹介させていただきたいと思います。


「飯田小鳥」(甘々と稲妻 | 金平糖工房 kenjiさん)
いつも色々な作品を見学させていただいているkenjiさんの新作。
次のワンダーフェスティバル2017冬にて販売予定の「飯田小鳥」の原型です。
金平糖工房 飯田小鳥 原型正面
このフィギュアですが、元のイラストはアニメのグッズなどでも見かけるシーンでしょうか?
漫画でもその2の表紙?でパンを食べようとしている絵があるのですが、
そこでは座っているのでやっぱり、アニメのほうですかね?
金平糖工房 飯田小鳥 原型全身
パンはフランスパンですね?
パンの表面にはクープもしっかり造形されていますね。
パンに挟む具はまだありませんでしたが、キットには付属する予定でしょうか?
金平糖工房 飯田小鳥 原型上から
シャツのシワ、スカートのシワもしっかりあります。
イラストでも髪の毛が複雑に広がっていますが、しっかり再現されています。
いくつかのパーツに分かれてそうですね。
金平糖工房 飯田小鳥 原型
反対側から。
イラストでは見えない部分ですが、こちら側もしっかり造られていますね。
金平糖工房 飯田小鳥 原型横
横顔。
胸元のリボンも結び目や輪っかまで綺麗です。
金平糖工房 飯田小鳥 原型横から
髪の毛。なかなか表面処理大変そうですね。
1つ1つはそこまで細いわけではないので、
組み立てる際の破損などは心配いらなさそうですね。
金平糖工房 飯田小鳥 原型後ろ髪
膝裏。
足元はローファーに紺のハイソックスですね。
金平糖工房 飯田小鳥 原型後ろ姿
背中。腰の部分に出来るシャツのたるみもあります。
このあたりは完全に想像の世界ですね~。
金平糖工房 飯田小鳥 原型後ろ姿
スカートが少しだけ後ろに広がっているので、後ろ姿はこんな感じに。
プリーツに合わせてスカートの内側まできちんと形がありますね。
金平糖工房 飯田小鳥 原型後ろ姿
ねんど会の時点では、版権許諾がどうなるか分からないという事で
ツイッターにはアップしていなかったのですが、
無事、許諾されたという事で、ブログにて写真をアップさせていただいました。
今頃は原型もブラッシュアップされて、これから複製という頃でしょうか?
ワンフェスで展示状態の作品を見れるのが楽しみですね。


「タイバニ胸像 他」(TIGER & BUNNY | Daedalus Factory 梅さんとNEYさん)
いつもツイッターで作品を拝見させていただいている梅さんとNEYさんの作品です。
以前のねんど会で、少し撮影させていただいた事があったのですが、
念願叶って、ガッツリ撮影させていただいたのは今回が初めてです。
先日のワンフェスや関西まるち模型倶楽部(仮)展示会の時にも拝見させていただいていたのですが、
どの作品も造形、塗装、ギミック共に素晴らしい作品でした。
Daedalus Factory 胸像 3人並んで

カニ帽子を被った虎徹さんとバーナビー。
虎徹さんの表情がいい感じですね。
Daedalus Factory 虎徹カニ帽子バーナビー胸像

Daedalus Factory 虎徹カニ帽子胸像
このカニ帽子はNEYさんが造られたそうなのですが、
左右に伸びている紐を引っ張るとなんとカニのはさみが可動します!!
Daedalus Factory 虎徹カニ帽子胸像
表情と目線を変更して撮影。
この表情、被り物をしていてもカッコイイですね~。
瞳は可動式ドールアイになっていて、目線を変更する事が出来るようになっています。
こういった稼働ギミックがあると、色々と違う表情が楽しめていいですね。
Daedalus Factory 虎徹カニ帽子胸像

Daedalus Factory 虎徹カニ帽子胸像
撮影する角度(高さ)によって、全く雰囲気が変わりますね。
撮影していてもかなり楽しかったです。
Daedalus Factory 虎徹カニ帽子胸像

バーナビーの胸像。
メガネもしっかりと再現されています。
ジャケットの造形も細かいですね。
Daedalus Factory バーナビー胸像
ジャケットの中にチラッと見える鎖骨がなんだか色気がありますね。
Daedalus Factory バーナビーとライアン胸像

Daedalus Factory バーナビー胸像

ライアン・ゴールドスミスの胸像。
劇場版「TIGER&BUNNY-The Rising-」に登場するキャラクターですね。
劇場版は見た事が無いので、どんなキャラか分からないのですが、
ネット等で見かけるイラストと比べても、
その再現度の高さはハッキリと分かりますね。
なお、このライアンはNEYさんが原型から全て造られています。
Daedalus Factory ライアン胸像

Daedalus Factory ライアン胸像

Daedalus Factory ライアン胸像
NEYさんの造形の凄いところは、イラスト上での特徴的な髪型を破綻する事無く
立体化されているところでしょうか?
(髪型だけではありませんが・・・)
このライアンの髪型とか右から見ても、左から見ても、上から見てもとても綺麗です。
Daedalus Factory ライアン胸像

スカイハイことキース・グッドマン。
良い笑顔ですね~。ジャケットの塗装もパールで塗装されているのでしょうか?
とてもキラキラして綺麗です。
Daedalus Factory キース胸像
1/6のアクションドールにキースさんの顔がセットされていました。
衣装の再現も凄いですね。
キース カスタムドール

どうしても高須クリニックを連想してしまう、イワン・カレリンの胸像。
この表情、目力がスゴイですね。
髪の毛の造形もさることながら、スカジャンの造形も細かく、
さらに塗装も素晴らしいです。
襟の部分の艶が異なるのが見た目にも質感の違いを感じ取れますね。
Daedalus Factory イワン瞳胸像
瞳を閉じている表情の作品。
括目すべきポイントは付け睫毛が移植されていているところでしょうか?
グッとリアルさが増しますね。
Daedalus Factory イワン胸像
この角度ならさらに睫毛が分かりますね。
あと、もちろんジャケットの内側も抜かりないですね。ばっちり鎖骨が見えます。
Daedalus Factory イワン睫毛

ヴィルギル・ディングフェルダーの胸像。
こちらも劇場版「TIGER&BUNNY-The Rising-」での登場キャラクターですね。
梅さんの初フルスクラッチ作品でしょうか?
メガネ・衣装ありVerと裸Verが並んでいました。
ヴィルギル 胸像
鎖骨やうっすら見えている首の胸鎖乳突筋など体のほうも見応えがあります。
ヴィルギル 胸像
複雑な髪の毛の形もしっかり立体化されています。
タートルネックの皺もいい感じでした。
社員証の紐もありますね。
ヴィルギル 胸像

交換用の顔もずらっと並んでいました。
こうして見ると色々な表情がありますね。
Daedalus Factory バーナビーと虎徹の顔

Daedalus Factory バーナビーと虎徹の顔

Daedalus Factory イワンとキースとバーナビーの顔
イワン・・・。
Daedalus Factory イワンとキースの顔

梅さんが趣味で造られているユーリの胸像。
自分が見た中で初ユーリの立体物になりますね。
ドールアイの位置の関係かと思いますが、
中々気合の入った表情になっています。
Daedalus Factory ユーリ胸像
右目が隠れる前髪のしっかり再現されていますね。
Daedalus Factory ユーリ胸像

カニ帽子の内部。ハサミが閉じた状態です。
こうした稼働ギミックを造られるNEYさんのセンスは凄いですね。
Daedalus Factory カニ帽子

カニ帽子を脱いだ虎徹さんとバーナビー。
Daedalus Factory バディセット胸像
ライアンと3人並べて。
肌の色とか展示見本の塗装レシピはDaedalus Factoryさんのサイトで紹介されていましたので
キットを購入して製作される方は参考にしてみてください。
聞いた話では、秋葉原工作室にはDaedalus Factoryさん専用の調色済カラーがあるそうです。
Daedalus Factory 胸像 3人並んで

Daedalus Factory 胸像 3人並んで
後ろ頭までしっかりと造り込まれています。
ライアンの後ろ髪、やっぱり凄いですね。
Daedalus Factory 胸像 3人後ろ姿
せっかくの機会でしたので、
この時に360°Viewer用に全周を撮影させていただこうと思っていたのですが、
三脚のクイックシューをどうやら電車かどこかで落としたらしく、
三脚とカメラが接続できなかったので諦めました・・・。残念。
また、次の機会があれば、是非、撮影させてください。
よろしくお願いします~。


「IS-2」(ロシア重戦車 | kyo-he-さん)
ねんど会の展示コーナーの定番となりつつあるkyo-he-さんの戦車作品。
今回はロシア重戦車「IS-2」です。
タミヤのキットの箱絵にもなっている白十字が塗装されていますね。
kyo-he-さん IS-2
kyo-he-さんの戦車を撮影するのは3台目ですが、ついにフィギュアまで付いてきました!!
今回は目立つ泥関連の汚しは無いのですが、
退色表現とチッピング、全体にウォッシングが施されています。
kyo-he-さん IS-2

kyo-he-さん IS-2
履帯や転輪などの金属表現が絶妙で重厚感があります。
あと、履帯のたるみもいい感じですね。
kyo-he-さん IS-2

kyo-he-さん IS-2
上から見ると白いラインが目立ちますね。
ベルリン市街戦仕様でしょうか?
線のフチがアバウトな感じが、
いかにもペンキを刷毛で塗りました。みたいな感じがしていいですね。
kyo-he-さん IS-2

kyo-he-さん IS-2
ワイヤーの塗装も抜かりないですね。
エッチングパーツも利用されていますね。
kyo-he-さん IS-2
戦車、フィギュアと来ていますので、次はジオラマ作品でしょうか?
この時にB&Wテクニックの本を購入されていましたので、
次回作にも期待大ですね。。。その前にワンフェスがありますが。


「改造フチ子」(コップのフチ子×ガンダムシリーズのキャラ | 凛々さん)
コップのフチ子さんをガンダムに登場する様々なキャラクターに改造している凛々さんの作品も
バッチリ撮影させていただきました。
箱一杯に色々なキャラクターがいて、見ているだけで楽しいのですね。
凛々さん 改造フチ子

のんびり座っているシャアと乗り越えリディ。リディびしょ濡れですね。。。
腰かけシャアと乗り越えリディ-フチ子改造

ハマーンの圧倒的プレッシャー。
ふんぞりハマーン-フチ子改造

フルフロンタル「当たらなければどうということはない!!」
ディアナ「よしなに」
蝶のディアナとフルフロンタル-フチ子改造

ディアナ、なんだかつまらなそうに見える・・・。
蝶のディアナ

クワトロ「私はかつてシャア・アズナブルと呼ばれたこともある男だ」
乗り越えクワトロ

マ・クベ「あれはいいものだぁー。」
しゃちほこマクベ

アムロの表情からなんとも言えない悲壮感が。
ひっかかりアムロ

ブライトさんの首立ち。
首立ちのブライト

ブライトさんの首立ちは誰もまねできない。
首立ちのブライトとマクベ、アムロ、セイラ

お茶目なフルフロンタル。
骨盤浮かしのフロンタルとミネバ-フチ子改造

ガルマ「あっ!!」
バッシャー!!
シャアにコーヒーをこぼすガルマ-フチ子改造

ララァ「大佐、どいてください、邪魔です!」
ララァとシャアとアムロ-フチ子改造

カミーユ「歯喰いしばれ! そんな大人!修正してやる!」
なんだかコミカルw。
修正してやる-フチ子改造

カウントダウンをとるマ・クベ。
カミーユとクワトロとマクベ-フチ子改造

ハマーンを救い出す為にコップを乗り越えようとするクワトロ。カッコイイ!
ふんぞりハマーンとクワトロ-フチ子改造

コップに落ちて身動きが取れないハマーンを見てるだけ。
ふんぞりハマーンとみんな-フチ子改造
せっかくなので、撮影にあたり、色々と遊ばせていただきました。
凛々さん、ありがとうございます。

※こちらの写真は、製作者様に限り、ご自由に利用いただいて構いません。
 また、良かったら撮影させてください~。

今回も色々と撮影&お話をさせていただき、ありがとうございました。
また、ねんど会を取り仕切られたIkasaさん、参加された皆様、お疲れ様でした。
ブログでの報告はかなり遅くなってしまい、申し訳無いです。

ワンフェスの新作用原型については、こちらで紹介した状態からさらにブラッシュアップされて、
そろそろ複製作業に入る頃かと思いますが、
ワンフェス会場で拝見させていただく事を心から楽しみにしております。

また次回の大阪ねんど会の開催は、決定ではありませんが、
ワンフェスの翌週2月26日を予定しているとツイッターでアナウンスがありました。
1ケ月前には確定&参加申し込みが始まるかと思います。
また、ねんど会やワンフェスでお会いする事がありましたら、
どうぞ、よろしくお願い致します。

それでは、今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA