DDシェリルを広角ズームレンズで撮影してみた。

久々のドール撮影関連の投稿となります。
仕事の関係で広角ズームレンズをレンタルする事となり、画角の確認を兼ねて、
室内でのドール撮影を試してみました。

今回レンタルしたレンズはニコンの「AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR」。
手ブレ補正機能であるVRを搭載した広角域に対応したズームレンズで、
F値が開放4固定という非常に使い易いレンズです。
インナーフォーカスなので、ズームを変更したことによるレンズ長の変化は無く、
取り回しも便利です。
フィッシュアイや超広角ズームと異なり、PLフィルター等各種フィルターを装着する事も出来ます。

今回はドルフィードリーム シェリル・ノームにライオンの衣装をセットして撮影してみました。
撮影スペースは、椅子にサテン布の生地をかけた即席スペースです。
ドルフィードリームシェリル 広角レンズ撮影 35mm縦向き

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
焦点距離:35mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/4.5
露出時間:1/20秒
ISO:1250

広角レンズの醍醐味といえば、大げさなほどの歪みでしょうか?
普段20mmより広角域での撮影をしないので、扱いきれていないのですが、
ドールを撮影するのであれば、やはり脚を長く見せる事のできる撮り方が良いのでは無いでしょうか?
早速、ポートレートと同じように腰から膝くらいの高さから少し見上げるようにして撮影してみました。
ドルフィードリームシェリル 広角レンズ撮影 16mm縦向き

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
焦点距離:16mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/8
露出時間:1/13秒
ISO:1250

如何でしょうか?
通常より脚が長くすらっと写っています。
また上半身や頭は小さく写っているかと思います。
広角なのでドールとの距離は思った以上に近く30cm~40cmくらいの距離で撮影しています。
このレンズはスペック上、0.29mが最短撮影距離のようですので、ギリギリの距離ですね。

今度はさらに上に向けて撮影してみます。
ちょっとカメラが傾いてしまってるようで、後ろの引き戸が歪んで見えますが、
このあたりは広角レンズを使う上で一番気を遣わなければならない点かと思います。
歪みが原因で傾きなどが目立ってしまい、なんだか不自然な気持ち悪い写真が撮れてしまいます。
ドルフィードリームシェリル 広角レンズ 16mm縦向き

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
焦点距離:16mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/8
露出時間:1/13秒
ISO:1250

見上げる角度が大きくなる事で、同じ画角でもより歪みが多くなり、
脚は長くなり、中心に近い頭や上半身はより小さく写ります。
またドール自体が小さく写りますので、周りの景色が写真に入り込むようになります。

やっぱり広角レンズは室内の撮影よりも野外撮影が向いていますね。
ちなみにカメラを横にして撮影するとこんな感じです。
構図が日の丸になっているので何とも言えませんが、
野外撮影で利用すると、景色の中にドールが入り込んでいい絵が撮れそうですね。
ドルフィードリームシェリル 16mm横向き

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
焦点距離:16mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/8
露出時間:1/15秒
ISO:1250

ズーム側の35mmはドールを中心とした絵を撮るのに良さそうです。
この画角は単焦点レンズを持っていますので、無難に撮影できました。
ドルフィードリームシェリル 広角レンズ撮影 35mm縦向き

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
焦点距離:35mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/8
露出時間:1/13秒
ISO:1250

同じく35mmでフラッシュも点灯させました。
スタンドが無くて棒立ちになってしまうので、膝立ちのポーズに変更してみました。
このポーズであれば、即席撮影スペースに身体が収まるので良いですね。
ドルフィードリームシェリル 広角レンズ撮影 35mm

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
焦点距離:35mm
フラッシュ:内蔵フラッシュ-0.7
絞り値:f/5.6
露出時間:1/25秒
ISO:800

一応、普段利用している単焦点レンズと比べると、やはり解像度では敵わないというのが、
使ってみての感想です。
あとF値が開放で4というのも、単焦点レンズと比べると暗いので屋内での撮影となると
ISOを高めにするなど、色々と厳しい部分もあります。
レンズの重さ、長さもかなり違いますし、取り回しもかなり差があります。
ただ、野外撮影となってくると、1本のレンズで16-35mmまでの画角を対応できる事、
F4でも明るさが問題とならない事が多い(明るくて逆にF8以上に絞る事が多いと思います)為、
非常にメリットの大きなレンズだと思いました。

一応、比較の為に50mmレンズ、85mmレンズのF値を
開放からちょっと絞った写真も並べておきます。
なるべく被写体のシェリルが同じ大きさに見えるように
撮影する距離を変えて撮影しています。
ドルフィードリームシェリル 50mmf2

カメラ:NIKON D700
レンズ:AI AF Nikkor 50mm f/1.4D
焦点距離:50mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/2
露出時間:1/25秒
ISO:800

このレンズはF値を2以下にするとソフトフィルターを使ったような
ソフトな描画になります。
睫毛にピントを合わせているのですが、
ピントが合っているところすらぼやっとした感じで写ります。
上の写真のようにF値2くらいまで絞った描画が自分的には好みです。
ドルフィードリームシェリル 50mmf1.4

カメラ:NIKON D700
レンズ:AI AF Nikkor 50mm f/1.4D
焦点距離:50mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/1.4
露出時間:1/125秒
ISO:800

中望遠距離の85mmレンズ。
こちらはf1.8の開放からピシッとした描画で髪の毛1本1本までピントを合わせた付近は写っています。
絞れば絞るほどカチッとしたシャープな描画に変わっていきます。
ドルフィードリームシェリル 85mmf2.2

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
焦点距離:80mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/2.2
露出時間:1/50秒
ISO:800

こちらが開放で撮影した写真になります。
ドルフィードリームシェリル 85mmf1.8

カメラ:NIKON D700
レンズ:AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
焦点距離:80mm
フラッシュ:該当無し
絞り値:f/1.8
露出時間:1/60秒
ISO:800

以上、レンタルした広角ズームレンズを利用して、
広角レンズ撮影を試してみた記録になります。
ドールの野外撮影をしてみたい方は、20mm以上広角のレンズ、
画角の撮影出来るカメラが特徴ある面白い写真が撮影出来ると思いますので
おススメです。
今後も、こういったレンズをレンタルしてどのように写るのか試した結果を報告していきたいと思いますので、
よろしくお願いします。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA