第13回大阪ねんど会に行ってきた。-後半-

2016年8月7日、大阪梅田にある大阪総合デザイン専門学校で開催された
第13回大阪ねんど会の展示コーナーに展示されていた作品を撮影させていただいたのですが、
その続きの写真になります。

※紹介させていただく作品の順番はいつものごとく撮影した順番で特に意味はありません。
※掲載NGの場合は、お手数ですが、コメント・ツイッター等でご連絡ください。対応させていただきます。

■GSプロジェクト kyo-he-さん
ワンフェス2016夏新作の叢雲改二です。
前半の記事でGSプロジェクトさんの卓のTEIJIさんのキスショットを
撮影出来なかった事を書いていましたが、
kyo-he-さんの叢雲改二は、ギリギリ片付ける前で撮影させていただいた記憶があります。
ただ、幕張メッセは暗くて、艤装の細かくモールドやタイツのラインまでは
あまり見えていませんでしたね。
今回、間近で見て、ヒールのところに穴が開いているのは初めて気づきました。
やっぱりこうやって、じっくり見れるのはいいですね。
kyo-he- 叢雲改二

kyo-he- 叢雲改二

kyo-he- 叢雲改二

kyo-he- 叢雲改二

kyo-he- 叢雲改二

kyo-he- 叢雲改二

kyo-he-さんは、最近、戦車も作られているようで、
M24 チャーフィーも一緒に展示してありました。
前回のねんど会で展示されていた戦車に比べて、泥表現は控えめですが、
積んである小物まで丁寧に仕上げられてて、カッコイイですね。
kyo-he- M24 チャーフィー

kyo-he- M24 チャーフィー

kyo-he- M24 チャーフィー

kyo-he- M24 チャーフィー

■Guntieさん
月刊モデグラの誌面を飾った「厳鎚・双貌鬼-イカヅチ・ソウボウキ-」に続く新作でしょうか?
腕が4本に改造されており、頭には発光パーツが付いていて、
うっすらと光っていました。
Guntieさんによるとモチーフは、インドラと雷神様の合いの子との事。
この時点では、まだ塗装などは施されていなかったのですが、
これからどんな子に仕上がってくるのか楽しみですね。
次のねんど会ではお披露目があるのかな?
あと、前回に続き、厳鎚・双貌鬼-イカヅチ・ソウボウキ-も展示してありました。
何度見てもカッコイイですね。塗り分けも細かいです。
爆発エフェクトが置いてありましたので、ちょっと重ねて撮影してみました。
Guntie 新作FA:G

Guntie 新作FA:G

116

Guntie 厳鎚・双貌鬼-イカヅチ・ソウボウキ-

Guntie 厳鎚・双貌鬼-イカヅチ・ソウボウキ-

■Model2- マムシさん
ワンフェス2016夏で販売・展示された「スピリットオブファイア」と「堕辰子」。
マムシさんは、このワンフェスでディーラーデビューという事でしたが、
いきなりオールクリアレジンのキットを販売されていました!!
ツイッターでも複製の試行錯誤をされているツイートを見かけましたが、
展示されていた完成見本を見ると、まったく気泡の無い綺麗な状態となっています。
凄いですね!!
堕辰子、ゲーム「SIREN」のボスキャラですね・・・。
何ともいえない不気味な感じが漂っています。
背中の羽の部分は、細く(枝みたいな部分)、薄く(羽)、造られています。
表面も生物的な細かいモールドが造られていますね。
マムシ スピリットオブファイア

マムシ スピリットオブファイア

マムシ スピリットオブファイア

マムシ 堕辰子

マムシ 堕辰子

マムシ 堕辰子

■バジルの造形魂+Y氏 YAMAさん
みかんかっぱちゃんの原型も担当されているYAMAさんのワンフェス2016夏での新作。
「Dimension W」より「百合崎ミラ 胸像」です。
制作にあたっては、色々と構想があったそうなのですが、
限られた時間の中での仕上げで半分くらいの実現となったそうです。
美少女キャラクターが、リアル少女にアレンジされていて、
本当にこんな子がいそうな感じですね。
瞳もそうですが、肌の質感や唇もリアルでとても柔らかそうに見えますね。
猫鯖さんに展示してありましたので、そこでもじっくりと拝見させていただきました。
いつか、当初の構想で展示されるのが楽しみです。
YAMA 百合崎ミラ

YAMA 百合崎ミラ

YAMA 百合崎ミラ

■朔羅さん
朔羅さんが塗装された「みかんかっぱちゃん」が展示されていました。
朔羅さんはガレージキットのフィニッシュがメイン?で、
制作代行などもされているそうなのですが、
今回は、よりミカンらしい色で、みかんかっぱちゃんを塗装されたそうです。
このみかんかっぱちゃんは、ワンフェスの戦利品の1つですかね?
朔羅 みかんかっぱちゃん

朔羅 みかんかっぱちゃん

■be-yanさん
ガレージキットを愛するモデラーのbe-yanさんが製作された「アマイミツノヘヤ 小嶺幸」です。
この夏のワンフェスではアマイミツノヘヤさんの卓に展示されていたそうです。
しっかりとしたグラデーション塗装がされていて、とても立体感がありました。
もっと色々な角度で撮影していたのですが、
思った以上に手ブレをしてて、ちゃんと撮影出来ていませんでした・・・。
スミマセン。
また、機会があったら、撮影させてください。

あと、もう一つの作品は「ジャンヌオルタ」。
前回のねんど会でも撮影させていただきましたが、
ベースはキャラグミンのルーラー/ジャンヌ・ダルクです。
シルバー塗装の輝きがやっぱり渋くてカッコイイですね。
be-yan 小嶺幸

be-yan ジャンヌオルタ

■ソフトシェルクラブ もりしのれんさん
ワンフェス2016夏の新作「ガールズ&パンツァー リボンの武者 ヤイカ」です。
ソフトシェルクラブさんといえば、ワンフェスでブースにLEDライトの柱を設置されていて、
とても撮影しやすかった記憶が強く印象に残っています。
その時もしっかりと撮影させていただいたのですが、
後ろ姿などは見る事が出来ませんでしたので、せっかくなので角度を変えていただき、
色々と撮影させていただきました。
こうしてみると、肩に羽織っているコート?やブーツの皺などが
細かく造られている事が分かりますね。
足もすらっと造られて、膝小僧のあたりも美しいですね~。
軍服もしっかり造られていてカッコイイです。
後ろ姿も見れて良かったです。
こうしてじっくり見れるのはねんど会のいいところですね。
もりしのれん ヤイカ

もりしのれん ヤイカ

もりしのれん ヤイカ

もりしのれん ヤイカ

もりしのれん ヤイカ

もりしのれん ヤイカ

もりしのれん ヤイカ

■瓢箪山電気´さん
ワンフェス2016夏で販売されたキットの一部が展示されていました。
いつも可愛い?動物など色々なキットを販売されているのですが、
新作の「ツチブタ」も、もちろん展示されていました。
このキット、長い舌がが付属していて、色々と汎用性の高いキットのようです・・・。
(購入された方のツイート等によれば、展示を色々工夫されているようです)
今回の展示でも、よく見るとすたちゅーさんがペロペロされています。
すたちゅーさん、綿蟲と悲鳴草(魔法使いの嫁)、スナギツネ達も一緒に展示されていました。
悲鳴草は上からの撮影なので分かりにくいのですが、マンドレイク(マンドラゴラ)?が生えていて、
その表情も可愛いかったです。
横からも撮影しておけば良かったと、後悔しています・・・。
瓢箪山電気´ すたちゅーさん他

■もうねる堂 れのむさん
ワンフェス2016夏の新作「二ッ岩マミゾウ」です。
このキット、前々回のねんど会から展示コーナーに展示されていたのですが、
その時はまだサフ状態での展示だったと記憶しています。
彩色される前から思っていましたが、足首から膝までの形が美しいですね~。
もちろん身体全体のバランスも綺麗で、なかなか難しそうなポーズですが
どの角度から見ても破綻していないです。凄いです。

あと尾っぽのモフモフ感がイイですね。
この凸凹モールド大変そうに思いますが、実際どうなのでしょうね?
れのむ 二ッ岩マミゾウ

れのむ 二ッ岩マミゾウ

れのむ 二ッ岩マミゾウ

■もうねる堂 蟹蟲修造さん
こちらもワンフェス2016夏新作の「オルガ」です。
前回のねんど会でも色々な角度から撮影させていただきましたが、
その時と比べて、顔周りの塗装が変わっていますでしょうか?
キラキラしているというかパール塗装がされているように見えますね。
表面のゴツゴツしたモールドがとても細かく造り込まれています。
撮影していて、その迫力が伝わってきました!!
蟹蟲修造 オルガ

蟹蟲修造 オルガ

■もうねる堂 ぞうさん。さん
同じくワンフェス2016夏の新作「高雄」です。
Twitterでもツイートしましたが、
私の中では、今回のワンフェスの高雄の中で、この高雄が一番でした。
(もちろん完売で購入は出来ませんでしたが・・・。)
あくまで個人の感想ですが、
体のバランスが自分が思っている高雄のイメージに近いのが理由でしょうか?
太っているわけではないけれど、そんなに華奢なわけでもない
絶妙な感じが再現されていると思います。
で、自分で購入する事は叶いませんでしたので、
ぞうさん。さんにお願いして、後ろ姿を撮影させていただきましたが・・・、
想像以上にエロかったです。
それだけは、皆さんに伝えたい気持ちで一杯です。
ぞうさん。 高雄

ぞうさん。 高雄

ぞうさん。 高雄

ぞうさん。 高雄

ぞうさん。 高雄

ぞうさん。 高雄

ぞうさん。 高雄

ぞうさん。 高雄

ぞうさん。 高雄

■Lynxcorpe イネさん
ワンフェス2016夏新作の「園田海未 HEARTtoHEART!ver」です。
表情だけでなく、髪の毛や衣装に動きがあって躍動感の溢れる作品になっています。
特に髪の毛の広がり具合がイイですね。
衣装やブーツも細かいところまで造られていますね。
スカートのフリル?のところなど細かいです。
後ろ姿がどうなっているか興味がありますが、そこは購入された方の特権ですね。
(展示コーナーでは後ろ姿を見る事は出来ませんでしたので。)

この作品、ワンフェス会場で見かけた時も、おおっと思ったのですが、
Lynxcorpeさんの作品は目を引くポーズのキットが多くて魅力的ですね。
まさかねんど会で再び、この海未ちゃんが見れるとは思ってもいませんでした。
イネ 園田海未

イネ 園田海未

イネ 園田海未

イネ 園田海未

イネ 園田海未

以上、今回も色々と作品を撮影させていただき、ありがとうございました。
また、遅くなりましたが、大阪ねんど会に参加された皆様、
主催のいさかさん、お疲れ様でした。

この記事を書いている時点で、
次回の第14回大阪ねんど会が
2016年10月22日(土) 11:05~ ボークス大阪ショールーム8Fにて開催が決定しているようです。
TwiPla「第14回大阪ねんど会」の申込み
以下、イベント概要の引用となりますが、

ねんど会はフィギュアやプラモを等を作りながら交流することを目的としたイベントです。
特に講座や教室の様なものは無く、皆で一つの机を囲んで作業しながら情報交換したり歓談していただけます。
作る物は特に制限いたしませんので、フィギュアに限らず、プラモや3D造形などをしていただいても大丈夫です。

という事で、必ずしも粘土を触ったりする必要はありませんので、
興味のある方は、お気軽に参加してみては如何でしょうか?
作業を行う際に机に敷く新聞紙だけは忘れないように注意してください~。

私も次回の大阪ねんど会もカメラを持って、参加予定ですので、
またまた、よろしくお願いします。
WEBやツイッターに掲載NGの、現在作業中の作品でも、
もし、現状を記録したいという事でしたら、撮影して写真をお渡し出来ますので
そういった要望がありましたら、また声をかけてください。
(お渡しした写真は自由に使っていただいて問題ありません)

それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA