第55回静岡ホビーショーに行ってみた。 -その4-

2016年5月12日~2016年5月15日の4日間、ツインメッセ静岡で開催された静岡ホビーショーの
青島文化教材社ブースのフィギュアの写真になります。
艦隊これくしょん-艦これ-の速吸、
E☆2(えつ)×アオシマ オリジナルフィギュア企画から「青山 澄香」、
うたわれるものから「アルルゥ」「ネコネ」が展示されていました。

「速吸」(ファニーナイツ)
2015年夏イベントでE4海域突破報酬艦として、
艦これに実装された速吸ですが、
早くもアオシマからフィギュア化されています。
アオシマ速吸4
補給艦という事もあって、運動部のマネージャーのような雰囲気漂う
ジャージスカート姿ですが、そのジャージの質感が見事に皺に表現されています。
またファスナー部分のシルバーが輝いていますね。
(製品になった時はどうなるか分かりませんが、
 シルバー+ツヤ有りクリアで塗ってしまえばいいと思います。)
アオシマ速吸3
ゲーム絵ではちらっと見える艤装部分ですが、
フィギュアならしっかりと見る事が出来ます。
瑞雲や彗星も発艦できるカタパルトもきちんと再現されています。
アオシマ速吸2
船体のつなぎ目も細かくモールドで表現されていますね。
アオシマの艦これシリーズは、台座が木目調の艦船模型のような台座が特徴と思いますので、
この速吸は塗装サンプルか何かなんでしょうね。
(秋津洲は台座が製品版のようでした)
アオシマ速吸1
家に帰って写真を確認すると、速吸は意外と撮影していなかったようです。
あまり時間が無かったので、撮影した内容を確認する余裕がありませんでしたが、
もう少し色々撮影できたかな?と少し反省しています。

「青山 澄香」(E☆2×アオシマ)
ホビーショーでは珍しいジャンルのフィギュアが展示してありました。
青山 澄香1
こちらの企画ページによると
赤いブルマ(向かって右側)の限定版は
うっすら肌色が透けた感じを再現した塗装となるそうですが、
この写真をいくら拡大しても肌色感がわからなかったです。
多分、ホビーショー用にカスタマイズされているのですよね?
青山 澄香2
体操服+ブルマというコスチュームだと思いますが、
ブルマっていつ頃から無くなったのでしょうか?
今ではもう都市伝説になっていますね。
青山 澄香3
こちらのフィギュア、製品版ではもう少し目立たなくなると公式サイトにありますので、
この写真よりは目立たなくなる可能性がありますね。

「ネコネ」(ファニーナイツ)
すみません・・・。うたわれるものという作品を知らない為、
良く分からず撮影していました。
艦これフィギュアばかりに気を取られていたので、このネコネはきちんとした角度から撮影出来ていませんでした・・・orz
i

「アルルゥ」(ファニーナイツ)
アルルゥもよくわからないまま撮影しています。
こちらのフィギュアはまだ未彩色の原型ですが、着物の皺がリアルに表現されています。
今まさに足をブラブラさせている様子が伝わってきますね。
h

以上、アオシマブースのフィギュアコーナーの写真になります。
ホビーショー全体の入場者数は多く、熱気に満ちていて、
モーターショーやトレフェスとはまた違った雰囲気の展示会でした。
他メーカーのブースも大盛況でしたが、
その中でもバンダイブースは凄かったです。
とてもじゃないですが、撮影は無理だと判断して、さっと見てまわるだけでした。
流石、ガンプラの人気は衰え知らずですね~。

この後は、モデラーズクラブ合同作品展示に写真をアップしていきたいと思いますので、
しばらくホビーショーネタでのお付き合いよろしくお願い致します。

グラーフ・ツェッペリンの写真は↓の記事になります。
第55回静岡ホビーショーに行ってみた。 -その1-

摩耶改二、睦月改二、速吸の写真は↓の記事になります。
第55回静岡ホビーショーに行ってみた。 -その2-

翔鶴改二、瑞鶴改二の写真は↓の記事になります。
第55回静岡ホビーショーに行ってみた。 -その3-

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA