【フォトレポート】第57回 静岡ホビーショーへ行ってきた! -モデラーズクラブ合同展示会 その10-

今年も残すところ、あと数時間。
NHK紅白歌合戦を見ながら、写真をまとめていましたが、何とか今年中に
2018年5月10日~13日にツインメッセ静岡で開催された
「第57回 静岡ホビーショー」のモデラーズクラブ合同展示会のレポートを更新できそうです。
今回も南館に展示されていた模型サークルさんの作品を掲載しています。


岐阜コクピット


PlainsWallker


FRAMEOUT MODELING


WILD-B


Club Modeler GP


Project144


0・MORO-HEAD+K

以上です。
これで2018年の静岡ホビーショーの会場で撮影させていただいた作品の写真は全てとなります。

今年、この1年を振り返ってみると、
ブログの更新については、模型展示会の写真のアップだけで精いっぱいで、
美少女フィギュアやガレージキットの製作代行していただいた作品のレビューが
思った以上に時間が取れていなかったかなと思います。

昨年以上に模型展示会に参加or見学させていただく事も増え、
会場で色々な方と出会い、作品を撮影する機会は増えているのですが、
写真だけがハードディスクの中に溜まっていく一方で、
このままだとせっかくの写真が埋もれてしまうと、少し焦りも感じています。

家で撮影ブースを設置して撮影したのはいつだっけ?と思い出すのに
苦労するくらい自宅での撮影もしていないなぁと感じています。

撮影もマンネリ化でモチベーション的なものも低下してきている時期かもしれません。

GWCにスタッフとしての参加や、塗装の小枝のお手伝い、互換ブースの販売等、
いつものように新しい事を始めて、環境や自分の立場も少しずつ変わりつつありますが、
撮影についても環境の再構築の検討が必要かもしれません。
(撮影ブースを組み立てて→片付けて→PCに取り込んで現像の一連の流れが効率が悪すぎる)
特に今年からRAW現像を始めましたが、これが自分には合っていない可能性が非常に高いです。
確かにRAW現像をした方が間違いなく綺麗な写真が出る事は実感しています。
ホワイトバランスの調整も簡単に行えますし、露出も多少は持ち直す事ができます…が、
どうも現像に時間がかかり過ぎて、自分のやる気を失わせるようです。
RAW+JPGで撮影しておき、ブログへの更新やツイッターへの投稿等はJPGで、
人から依頼された写真や、ここ一番の写真はRAWから現像というスタイルにしようかと思います。
コンパクトフラッシュを2枚刺しにして、しばらく試してみようと思います。

いきなりこのブログに変化は起きないと思いますが、
来年も色々と新しい事を始める予定でいます。
年始から準備を進めていかないといけないので、相変わらず、
しばらくはバタバタとしそうですが、
また変な事やっているな。と温かい眼で見守っていただければ幸いです。

それでは今年1年、ワンフェスや模型展示会等のイベントで、
お相手していただいた皆様、本当にありがとうございました。
数日後には、次のブログの記事を更新すると思いますが、
一旦、1年の締めくくりという事で、
本年もこのブログに足を運んでいただき、ありがとうございました。
また、来年もよろしくお願い申し上げます。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA