【フォトレポート】模型博覧会2017に行ってきた -その1-

今年ももう残すところ、2ヶ月を切りました。
関西での大きな模型展示会は、ほとんど終わってしまって、
来年の高石模型祭や静岡ホビーショーの作品を考えている人も多いのではないかと思いますが、
来る2018年12月2日、ボークス大阪ショールーム8Fでは、モデラーが主役の模型展示会
「模型博覧会2018」が開催されます。

ジャンル不問、完成未完不問、当日持ち込みOK(というかオンリー?)、参加料無料と
かなり緩いレギュレーションの模型展示会です。
※詳しくはこちらのWEBサイトを参照ください。

展示会デビューにも持ってこいと思われる模型博覧会ですが、
昨年の会場で撮影させていただいた作品を紹介する事をすっかり失念していましたので、
今年の模型博覧会のPRも兼ねて、今更感はありますが、
2017年12月3日に開催された「模型博覧会2017」の写真をアップしていきたいと思います。

いつも通り、こちらの写真は製作者様、運営者様は自由にご利用いただいて問題ありません。

一年前の展示会となると、今では普通にツイッター等で交流させていただいている方と
初めてご挨拶させていただいていたりして、少し懐かしい気持ちになりますね。
まずは、この場で初めて直接、挨拶させていただいた
ペペロンチーノさんの作品からの紹介になります。
夏のワンフェスでKyotoFigureさんが販売された絵師さんとのコラボガレージキットを
完成されていたのが印象的でした。
もちろん、ガンプラも丁寧に作られていて、Zガンダムとネモも印象的でした。

あと、会場には沢山のFAガール、メガミも展示されていて華やかでした。

あと、カッコイイ電飾が施された作品も展示されていました。

この時、印象的だったのが、なおさんの旧キット アンドロメダ。
当ブログで、他の展示会で撮影した同作品を紹介していると思いますが、
初めて拝見させていただいたのは、この時が初めてでした。


拡散波動砲発射までのギミックがめちゃくちゃカッコ良くて、
展示会で見かけるたびに、スイッチを押して楽しませていただきました。

友井さんのフルスクラッチ隼鷹も展示されていました。


エレベーターが降りた状態も再現できるようになっており、
格納庫もしっかりと作り込まれていました。

今回こそは艦橋の神棚を写真に収めようと頑張ってみました。

あと、超精巧なマクロスのジオラマや、宇宙戦艦ヤマトに登場するコンゴウの月面ドッグのジオラマを
製作されたワンコロさんの作品も人知れず?展示されていました。


ペンギンはレーザーカッターで切り出したものだそうです。
親鳥だけでなく、雛鳥も作られていて、コロニーが再現されています。
めちゃくちゃ小さかったです!

ガンダム系だけでなくメカ系の模型も勿論展示されています。

勿論、フィギュアも色々な種類の作品が所狭しと展示されていました。

以上になります。

こちらの模型博覧会もいくつかの記事に分けて紹介したいと思いますが
(どの展示会も中途半端な状態で申し訳ないですが…)
今回の記事でどんな感じの作品が展示されているのか雰囲気を掴んでいただいて、
あと半月後に迫った模型博覧会2018に参加してみようという方が増えてくれると嬉しいです。

気軽に参加して、色々な作品を見て、モデラー同士楽しく交流出来れば、
この会の参加目的は果たしたも同然かと思います。

私も何か持っていければいいのですが、
今のところ、見学がメインでの参加になりそうですね。

それでは、今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA