四神杯日本橋店の写真

ユーザーエキシビジョン in コトブキヤ ~ 四神杯 ~ (日本橋店)の作品を撮影してきました。

2018年2月17日~3月18日の間にコトブキヤにて開催されていたユーザー参加型展示イベント、
「ユーザーエキシビジョン in コトブキヤ ~ 四神杯 ~」の作品紹介の続きになります。
今回はコトブキヤ日本橋店にて展示されていた作品を撮影させていただきましたので
写真で紹介していきたいと思います。

コトブキヤ秋葉原館で撮影させていただいた作品を紹介している記事はこちらです。

それでは、撮影させていただいた作品を紹介していきたいと思います。
もし、掲載NGや製作者様、作品名の誤り等がありましたら、
コメントやツイッターで連絡をいただけたらと思います。


スーパーアタッカー スティレット(yoshyさん製作)


轟電さん(えびさん製作)


シュバルベ・ティア(聖さん製作)


リカント(ラックナックルさん製作)


ブロックバスター Type Scylla(阿修羅。さん製作)


レヴァナント アイ・極(成瀬さん製作)


宇宙艦隊 奮戦ス(カッツンさん製作)


ニーズヘッグ(TAKEdessさん製作)


乙武 轟(Kaminaさん製作)


ストライダー(あぐたけさん製作)


アーキテクト・ランサー(らいでん2さん製作)


ミスティドール(シェリアさん製作)



紫式(里真泉さん製作)


スティレット(MONOさん製作)


三二式伍型乙「堅雷」(主任さん製作)


超魔装女神「修羅」(URAさん製作)


ヴィクターエッジ(K-Zo.(けいぞう)さん製作)



ゼルフィカール(オニやんさん製作)


牢虎・火(ぶーびーさん製作)


SOLクラッシャー(ぎゃらくしーさん製作)


ゴールドマリー(天河発さん製作)


フレズヴェルク専用 斬激ブレードラビットレイダー(Reikaさん製作)


アントニオ リペア社(さかなざるさん製作)


ヴァルファジーク(ふまほうさん製作)


アルト・ラーベ(ヌイヌイ阪本さん製作)


轟雷改 砂狐(ベルクトさん製作)


ミニィ ライトモード(ヴェーダさん製作)


機装鬼刃 -桜牙-(keiさん製作)


迅雷 -飛燕-(くろーさん製作)


三岳(みたけ) (老狼さん製作)



マガツキ-クロガネ(禜太郎さん製作)


迅雷 暁月ノ刃(地底の人さん製作)


四八式一型改 輝槌・突(toshiさん製作)



轟雷改 the last Session (しろくまぽちさん製作)


高機動型バーゼラルド (小畑誠悟さん製作)


マリアージュ ホワイト (DAIKICHIさん製作)


Rafaga(L-DENさん製作)


製作途中の作品という事で作品名、製作者名がわかりませんでした。


むせた(冷奴ションさん製作)


キャバルティ(ケロカワさん製作)


フレズヴェルク=ラーウム(カズさん製作)


玄武っぽくないですけど玄武です(ゲソスミさん製作)


フレズヴェルク(アニメカラー) (ひでまるさん製作)


ハルミ & 紅竜(モード:アーティファクト) (ぱたぱたアルさん製作)


轟雷 コトブキヤ日本橋店限定浪速スペシャル(揚羽さん製作)


軽装轟雷ちゃん (そうにゃんさん製作)


剣客娘 (テンペスタさん製作)


弓兵 青バージョン (cyberevo10さん製作)

日本橋店では店員さんの作例も展示されていましたので、
一緒に撮影させていただきました。


狼雷(コトブキヤ日本橋スタッフさん製作)


マガツキ GYO-G (コトブキヤ日本橋スタッフさん製作)


イノセンティア:Typeバゼ砲(コトブキヤ日本橋スタッフさん製作)


いのり(コトブキヤ日本橋スタッフさん製作)


大正ロマン(コトブキヤ日本橋スタッフさん製作)

以上になります。
私が日本橋店にお邪魔したのは3/7で、既に展示コーナーは埋まっている状態でした。
3階のキャラクターモデルコーナーの一番奥が展示スペースとなっており、
こちらも平日に関わらず、見学されている方が多くて、なかなか撮影に時間がかかってしまいましたが、
(見学の邪魔にならないように気を付けていたのですが・・・)
無事、全ての作品を撮影する事ができました。
撮影出来る角度に限界がありましたので、中にはアクリル板の反射が写り込んでいますが、
その点はご了承ください。
(結構、無茶な姿勢で頑張りましたw)

今後もこうした

あと、同じフロアで無線式LED発光装置「X-Base(クロスベース)」を使用した作例として、
ファジーさんの製作された「フレズヴェルク X-Ray」も絶賛展示中でしたので、撮影させていただきました。
今現在も展示があるのかは確認できていませんが、
無線でLEDを発光させることが出来るメリットを活かした作品として素晴らしい作例かと思いますので、
機会がある方は是非、コトブキヤ日本橋店へ足を延ばして、実物を見てみてください。



それでは、今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

2件のコメント

  1. すみません、誤記訂正お願いします。

    ×ムルミ
    ○ハルミ

    字が汚くてスミマセン

    1. ご指摘ありがとうございます。
      こちらこそ、申し訳ございません。
      作品名を訂正致しました。
      また展示会等で作品を拝見させていただく事もあるかと思いますので、
      今後ともよろしくお願いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA