高石模型祭りVer3.5 2018 フォトレポート -その3-

開催からおよそ1週間経過しましたが、
2018年2月11日に大阪高石市のアプラたかいしにて開催された
「高石模型祭りVer3.5」の作品紹介の続きになります。

それでは、早速、作品を紹介していきたいと思います。

以上、今回の高石模型祭りの写真は以上となります。
正直、高石市は私の住んでいるところからは、少し遠いのですが、
この展示会は模型を趣味とされている方なら、
多少の労力を払ってでも参加&見学しておいて、損はないイベントだと思います。
なんといっても色々なジャンルの方が集まって情報交換出来ますし、
模型に対するモチベーションをアップさせる事が出来るのではないでしょうか?

前回、課題とされていた通路の狭さも卓の数を減らして改善されていて、
見学しやすくなったと思います。
あと、高石模型祭りは、出展者が卓の中に入れる配置になっているので見学者側も助かります。
(モデフェスやホビーショー等もその配置ですね)
卓の内側にスペースが必要になるので、どうしても展示スペースが少なくなってしまいますが、
よく模型展示会で見かける自分の作品の前から離れられない現象が解消さえます。
初めて模型展示会に参加された方など、
どこでどうしていいのか分からないのだと思いますが、
見学者からすると、卓の前に陣取られると見学しづらいという事があります。
ただ、卓から離れると、万が一、作品が盗難&破損されてしまう可能性もあります。
なので卓の中に入れる配置は、そのどちらの問題も解決できる方法かと思いますので、
とてもありがたいです。
(あと、展示する場合、座れる場所があるのは助かると思います)

展示参加されたモデラーの皆様、運営関係者の皆様、
本当にお疲れ様でした。
次回はもっと大きくなって開催されるというような声も聞こえました。
沢山の魅力的な作品に出会える事を期待しながら、
次回の開催も楽しみにしております~。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA