高石模型祭りVer3.5 2018 フォトレポート -その1-

2018年2月11日に大阪高石市のアプラたかいし 3階 ギャラリー、サブギャラリーで開催された
「高石模型祭りVer3.5」に、前回に続き、今回も見学に行ってきました。

高石模型祭りとは、模型を趣味とする人達への高石市の観光促進を目的とした模型展示会で、
2015年から年1回のペースで開催されてきました。
前回の第3回高石模型祭りから見学に参加させていただいていたのですが、
年々、展示希望参加者や見学者も増えてきているようで、
今回はスペースに余裕を持たせる為、
少しだけ卓の数を減らしての開催となったようでしたが、
盛況さは昨年と変わりなく、模型イベントの盛り上がりを感じる事が出来ました。
(開催は1日となりましたが)

よくよく考えたら、前回の写真も全部アップ出来ていない状況なのですが、
せっかく作品を撮影させていただきましたので、
少しでも写真をアップしておこうと思います。

今回も写真を多く載せたいと思いますので、
作品名、製作者様等は省略させていただきたいと思います。

こちらの写真は、いつもように運営関係者様、製作者様は、
ご自由に利用いただいて問題ありません。

それでは、早速、作品を紹介していきたいと思います。


この赤い戦車はもしかしてMETAL MAXですかね?
確かレッドウルフはメルカバベースだったような気が・・・?

こちらはペペロンチーノさんの「うさPハウス 矢澤にこ バニーガール」。
昨年12月に開催された模型博覧会でもガレージキットでフィギュアを製作されていましたが、
今回は網タイツに挑戦されたようです。
隙間なくとても綺麗に貼りつけられていましたので、しっかりと拝見させていただきました。

こちらのフィギュアは、にゃんたれママさんの作品なのですが、
着色した粘土で作られたものだそうです。
髪の毛や衣装など細かく造られていて、とても印象的でした。

今回、会場で拝見するのを楽しみにしていた
黒猫モモタロさんの「一期一会のハイジンクス 翔鶴/瑞鶴」。
大阪ねんど会でご一緒させていただいている久我さん原型のガレージキットなのですが、
姉妹揃って完成されていたようですので、これは見ておかないと!という事で見学させていただきました。
背景の切り絵も細かくて綺麗ですね。

いつも1/700スケールの空母を拝見させていただいている棚家さん、
今回の新作は、なんとFAガールでした!!
12月のにぬき祭でムルチさんが作られていたFAガールのように
関節等がパテで埋めて固定モデルとなっているのですが、
胸とお尻も盛られているようでしたw
棚家さんの趣味を垣間見たような気がします。

もちろん、空母も展示されていました。
サラトガは、艦載機も追加されて、ほぼ完成に近いものだそうです。

以上です。
まだまだ写真はありますので、
今後も数回に分けて、写真をアップしていきたいと思います。

こういった模型展示会を開催していただいて
運営関係者の皆様には感謝の気持ちしかありません。
感謝の気持ちを込めて、
会場では微力ながら缶バッチを1つ購入させていただきました。
高石模型祭りは、見学は無料なのですが、
こういった形で少しでも協力できればと思いますね。

それでは、今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA