第29回 おじさんとお兄さんの模型展 フォトレポート -その1-

2017年10月21日、22日と2日間、八尾市文化会館 3階プリズムホール展示室にて開催された
「第29回 おじさんとお兄さんの模型展」を見学してきた時の作品をアップしたいと思います。

おじさんとお兄さんの模型展とは、
大阪で一番オモロい!と噂の模型展示会で、
モデラーズクラブ・ZERO ONE / ゲンセンカンモデルズ / ふらいんぐ・タイガースの
3つの模型倶楽部が主催となって開催されている模型展示会です。
私は昨年と続いて、2回目の見学なのですが、
昨年に続いて、今年も会場の真ん中にドーンとメインテーマのジオラマが展示してあり、
見応えは抜群でした。

それでは、今回のメインテーマ「帝都ヲ護レ ~厚木航空隊~」から紹介していきたいと思います。


滑走路横の建物や人物、飛行中のゼロ戦など細かく作られていて、
どこから見てもスキの無い凄い作品でした。

あまりに迫力のあるジオラマだったので、
何枚かカメラの白黒モードで撮影した写真もあります。





続けて、会場に展示されていた作品を写真で紹介していきたいと思います。

以上です。
今回は2つの記事に分けて、作品を紹介したいと思いますので、
また、次回以降、残りの作品を紹介させていただきたいと思います。

あと、実はさらに1年前のこの展示会の写真がまったく公開できていないので、
そちらも公開の為の準備を進めていきたいと思います。

また、今回レポートしている「おじさんとお兄さんの模型展」ですが、
2018年の開催も決定してます。
10/13、10/14の二日間、場所は同じ場所の
八尾市文化会館(プリズムホール)3F 展示室との事です。
ジオラマテーマは「明野教導飛行師団」という事で大規模な展示が期待できます。
近鉄「八尾」駅からすぐの場所になりますので、
是非、興味のある方は是非、見学に行ってみてください。

それでは今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA