ユニオンクリエイティブ 初音ミク「TRICK or MIKU」illustration by 左 [デコマスサンプル展示撮影 秋葉原ソフマップ2号館]

1ヶ月前の事になりますが、秋葉原のソフマップ2号館に展示されていた
ユニオンクリエイティブの「初音ミク -TRICK or MIKU- illustration by 左」の
デコマス展示を撮影してきましたので写真で紹介したいと思います。

メーカー名 ユニオンクリエイティブ
商品名 初音ミク「TRICK or MIKU」illustration by 左
作品名 初音ミク
原型製作 chiaki(knead)
彩色 村川勝心(knead)
発売時期 2017/10

人気イラストレーター「左」氏がイベントコラボ用に掻き下ろしたイラストを
立体化したフィギュアになります。
元となったイラストは、2014年秋に開催された【Trick or Miku?】で
ファミリーマートで配布されたトレーディングカードや
コラボカフェのランチョンマットで使用されたイラストですね。

2本の支柱を利用して、
ふわっと浮いているイメージやポーズがしっかりと再現されていますね。
特徴的なデザインの衣装やツインテールもしっかりと造形されています。

アームカバーやカボチャパンツ?の複雑な皺の形も造り込まれています。
柔らかすぎず、固すぎず、生地の質感を感じる絶妙な造形ですね。
イラストでも細かく皺の影が描かれていますが、見事に再現されています。

腰のリボン、マントの裾、ネクタイ、襟など全体的にラインが非常に細かいですね。

胸のカボチャブローチも輝いています。
あとアームカバーの縫い目、塗装で再現されているのですね・・・。ドットが細かい。

ちょっと分かりにくいですが、マントの裏側にはハートマークがあります。

イラストではちょっと分かりずらいパンツの裾の星マークやタイツの折り返し部分のドット柄も
忠実に塗装されていますね。
タイツのラインは膝の生地がクシャとなっている所も違和感無く綺麗に塗装されています。

表情もイラストの雰囲気がしっかりと再現されて、とても可愛いですね。
瞳には星が入っています。
睫毛も描かれていますね。

少し違う角度から。
特徴的な髪の毛の艶?も塗装で再現されています。

もう少し頑張ってカボチャの正面から撮影。
流石に展示ケースのガラスに対して鋭角で撮影する形となる為、
店内が反射してしまっていますね・・・。
イラストからの再現フィギュアで時々見かける、
鑑賞角度が限定されるような事は、このミクではなさそうです。
カボチャのイヤリングも可愛らしいですね。

ツインテールの先をまとめているリボンには小さな薔薇が付いています。
パールのようなものも付いているのが分かりますね。
ツインテールの先がくるんっとなっている形もしっかり造られています。

台座にはイラストに散りばめられていたお菓子やキノコ、星があります。
こちらも細かく塗り分けされていますね。

あと、ハロウィンといえば欠かせない存在のカボチャ。
イラストのとおり、ミクに手を添えられています。

以上、【初音ミク「TRICK or MIKU」illustration by 左】のデコマスの紹介になります。
何度か秋葉原で新作フィギュアやデコマスの展示を撮影してきましたが、
今回、ミクが展示されていたソフマップ2号館は初めてお邪魔しました。
場所は1Fのフィギュアコーナー奥、レジ手前にガラスケースがあって、その中に展示されていました。
本当にレジの手前でしたので、他のお客さんの邪魔にならないように
気をつけて撮影させていただいたのですが、
バシャバシャと撮影していましたので、お店の方にはお手数をおかけしました。

こちらの初音ミクは、ユニオンクリエイティブさんの公式サイトでも、
あみあみなどフィギュア通販サイトでも、まだ予約が可能なようです。
(公式サイトの場合、予約特典のアクリルキーホルダーが付いてくるようです)
とても可愛く仕上がっていると思いますので、
気にはなっているけど、まだ予約していないという方は是非、
予約されてみては如何でしょうか?

他にもユニオンクリエイティブさんのフィギュアが展示されていましたので、
少しですが、その写真もアップしておきたいと思います。

Fate/EXTELLA アルテラ スイートデビルVer.
こちらは2017年9月発売予定の新作ですね。

Hdge technical statue No14 「監獄学園(プリズンスクール)」 緑川花

リボンドール・コレクション 真・一騎当千 関羽雲長

あと、レジの上にダイキ工業さんの
珈琲貴族「青山澄香 Debut pause 2017 Edition」の彩色サンプルが展示されていました。
こちらは2017年10月発売予定のようです。
上に蓋がしてあるような展示でしたので、ちょっと暗いですが、
とてもセクシーなポーズのフィギュアですね。

いつもガラスケースの反射に悩まされるので、
今回はPLフィルターを使ってみようと気合を入れて、
PLフィルター装着状態で撮影をしています。
結論から言うと、使いこなせずに相変わらず反射に悩まされるのですが、
次の記事で、そのあたりの事をまとめたいと思います。

それでは、今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA