ララ・サタリン・デビルーク -To LOVEるダークネス- 等身大フィギュアを撮影してきた!!

矢吹健太朗先生の大人気ラブコメマンガ『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』が
完結した事を記念して、
ヒロインの「ララ・サタリン・デビルーク」の等身大フィギュアが
10体限定で販売される事になりました。

ララ 等身大フィギュアの写真

ここ最近、抽選による予約販売という形態で色々なキャラクターが
等身大フィギュアとなって販売されているのですが、
今度はララかぁ~と発表された情報を見ながら、のほほんしていたのですが、
抽選申し込み期間である2017年4月21日~2017年5月31日の間、
神保町にある集英社神保町3丁目ビル1階のギャラリースペースで
実物が展示されているという事でしたので、
ちょうど、東京への出かける予定もありましたので、
神保町へ足を運んで、ララの等身大フィギュアを撮影してきました。

さて、神保町へ行くのは初めてでしたので、
地図もろくに見ずにとりあえず、集英社の近くに行けばイイかなと、
集英社の本社ビル(神保町ビル)の方へ行ったのですが、これが間違いでした。
実際には別のビルにギャラリースペースがあり、
東京メトロの神保町駅のA1出口から出れば近かったですね。

ギャラリースペースでは、ララ等身大フィギュアはこんな感じで展示されていました。
(ギャラリーの入り口すぐ左手に展示してあります。
 写真はギャラリーの奥から入り口に向けて撮影したものです)
ララ 等身大フィギュア展示の様子
全身はこんな感じです。
ララ 等身大フィギュア全身の写真
フィギュアの横にはパネルが展示されていました。
ララ 等身大フィギュアのパネルの写真
等身大フィギュアという事ですが、気になるサイズやお値段ですが、
購入抽選の申込みが出来るジャンプキャラクターストアの情報によると
高さが約173cm、重量およそ45kg、
材質はFRP・スチール材(台座)スチール、
価格はなんと280万円!!(税抜)※配送料・設置料込み。
製作はデザインココが担当されているようです。

等身大という事でサイズの大きさによる怠い感じは無く、
とても可愛くしっかりと立体化されているのではないでしょうか?
ララ 等身大フィギュアの写真
とりあえず、色々な角度から撮影させていただきましたので、
その写真を並べていきたいと思います。

ララ 等身大フィギュアの上半身の写真

ララ 等身大フィギュアの写真

ララ 等身大フィギュアの横からの写真
腰のくびれやお腹の形など、とても綺麗なラインですね~。
ララ 等身大フィギュアの横からの写真
脇の下から横腹にかけて見えるラインは、
後ろに置いてある鏡に外の光が反射していますラインになりますので、
気にする必要は無さそうですね。
ララ 等身大フィギュアの横からの写真
水着のブラ紐が背中に食い込んでいる所や、
二の腕の腕輪もぷくっとしているのはイイですね。
ララ 等身大フィギュアの横からの写真

ララ 等身大フィギュアの写真
膝小僧の造形も素晴らしいですね。
ララ 等身大フィギュアの写真

ララ 等身大フィギュアの腰の写真
足もつま先までしっかりと造られています。
ララ 等身大フィギュアのつま先の写真
手のひらも抜かりありません。
流石に手相は見えませんがw
ララ 等身大フィギュアのお尻の写真
見た目以上にララの背面は光が回っていないみたいで、
露出はしっかり調整しないと暗く写ってしまいますね。
ララ 等身大フィギュアのお尻の写真
身体の正面から。
鎖骨のラインとか胸の谷間とか自然ですね。
塗装の陰影もわずかに合って立体感がありますね。
ララ 等身大フィギュアの写真
尻尾うっすらとグラデーションがあります。
ララ 等身大フィギュアの尾っぽの写真
面相。アイラインの睫毛の表現が細かいですね。
前髪もシャープですし、髪の毛の形も丁寧に造られていますね。
ララ 等身大フィギュアの写真
口の中や唇の艶、チークもしっかりと施されていて、
可愛く仕上がっていますね。
瞳はやっぱり大きくても塗装は大変そうですね。
何色くらい使われているのでしょうね?
ララ 等身大フィギュアの上半身の写真
おっぱいはデカいです。
ここでは触ると怒られますので、触ってみたい方は、
是非、購入してみてください。
ララ 等身大フィギュアのおっぱいの写真
入り口側から。
この角度だと、ギャラリー入り口の自動ドアが反応して動いてしまうので
あまり撮影出来ませんでしたが、
どの角度から見ても破綻する事の無い造形でした。

ララ 等身大フィギュアの写真

ララ 等身大フィギュアの写真
最後に右手首の腕輪。
綺麗なツヤ有で塗装されていますね。
ララ 等身大フィギュアの腕輪の写真

以上になります。
こちらのララ・サタリン・デビルーク 1/1スケール(等身大)フィギュアの展示は、
2017年5月31日(水)までとなります。
開館時間は9:30~17:30で、入場料は無料なのですが、
平日しか開いていない為、お仕事のある方は厳しいかもしれませんが、
もし、お時間があって、興味のある方は、是非、足を運ばれてみては如何でしょうか?

今回は、等身大サイズのフィギュアという事で、
いつも使っているレンズ、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDでは無く、
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gを使用して撮影しております。
人物撮影等を行うのに、マクロレンズでも大した違いは無いようにいう方もいますが、
私個人の感覚として、人物サイズの被写体(1.5m以上離れた被写体)を撮影する時は、
このレンズのほうが写りが良いと思います。(好みの問題とは思いますが)
距離を詰めて撮影するのであれば、マクロレンズのほうが圧倒的に良くなるのですが、
この辺りがレンズの癖というかレンズ交換式カメラの面白いところかと思います。
60mmマクロで撮影した写真が以下の写真です。
背景のボケ具合が気になるのかな?
60mmで撮影したララ 等身大フィギュアの写真

ちょっと話が逸れてしまいましたが、
今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

等身大フィギュア、なかなか撮影する機会が無いので楽しかったです。
今後もこんな感じで、色々なキャラクターが造られたらいいですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA